今の職場で出世できない人は転職すべきか

転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世できない人は転職すべきか」についてです。現在勤務している職場を見渡すとポストがなく出世できずにいる先輩が多数いるだとか、会社が業績不振でリストラに舵を切っておりとても出世どころではない等々、一言で出世できない人といっても様々な状況や事情は考えられます。どのような理由や状況かはともかく、現在の職場では出世が望めないとなった場合、皆さんは転職を考えるでしょうか、それとも現在の職場に留まる選択をするでしょうか。出世できない場合の転職選択の是非について、今回は共に考えて参りましょう。


「職場が変わること」=「出世できる」とは限らない

「隣の芝生は青く見える」ではありませんが、現在の職場での出世が厳しそうだとみるや「他の会社なら」と考え安易に考えてしまう方がいます。しかし、出世が見込めないことを理由に転職を考えている方は本当に「隣の芝生は青く見える」に陥っていないか、出世できないのは自分の能力とは無関係であり、会社の状況だけが出世を阻んでいるのかどうかをシビアに検証する必要があります。確かに出世しやすい会社と出世しにくい会社が存在するのは事実です。

しかし転職活動したからといって出世しやすい会社を巡り合えるとは限りませんし、仮に巡り合えたとしても採用に至るかどうかはわかりません。更に言えば、採用されたとしても「必ず出世できるとは限らない」ということです。つまり転職は、少なくとも出世出来ない人が出世できる幸運の切符でないことだけは確かです。この当たり前とも言える事実を前提にした上で、現況に対するシビアな検証を行うことが転職を考える場合の大前提となることをまず理解しておいてください。


「出世」を目的化させてはならない

現在の職場からの転職を考える際、決して「出世したい」という動機を否定している訳ではありません。「出世したい」という意欲は大いに結構です。但し「現在の会社では出世できそうにないから他社での出世を目論む」という、「出世」だけを転職目的とすることは避けるべきだということです。求人案件によっては最初から「管理職」の募集、場合によっては「経営幹部」を中途採用で募集している場合もあります。この場合、求人する企業側は何を最も応募者へ問いたいのか、期待したいのかを考えてみましょう。

それは管理職として、あるいは経営幹部としてどんな働きを通じて会社に貢献してくれるのか、あるいはどんなにふうに管理職や管理職として力を発揮したいと考えているのかではないでしょうか。当然のことながら、管理職や幹部になりたいだけの方は必要ないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  2. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  3. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  2. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  3. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  4. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  5. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  6. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
ページ上部へ戻る