会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが納得できないという状況になることもあるでしょう。しかし出世できる人というのは、大きな違いが非常にあるものです。そこで出世していく人の特徴について、主だった7つを紹介していきます。当てはまっている項目があれば、存分にアピールしてみましょう。

①忍耐力を持っている人

忍耐

企業で働いていく中で、様々な欲望を生み出してしまうことがあります。他人よりも給料をアップさせたい、少しでも出世をして地位を上げていきたいと言ったものがありますが、中でも出世は夢といえる人もいることでしょう。しかし他の人を見ていくと、あれよあれよと出世をしている人もいて、どうすれば簡単に出世していくのかわからないという方もいることでしょう。

そんな中で出世に必要な要素として、忍耐力が重要と言われています。どんなに仕事が辛いと日々感じてしまっていても、たとえ上司などに不満を感じていても、ルーティンとなっている仕事に対して飽きても、同じ会社で長い間居座っていくことで出世する道を忍耐力を持っていれば開いていくことができるでしょう。当然古株というだけでは、出世へとつながっていくことはありません。強みはそこから成長できるかにあります。会社の状況にも直接反映していくことであり、考慮するための大変重要な資料となっていきます。上司も長く在籍をしていくと、きっちりと見ていきます。多少嫌な仕事を請けても我慢していく忍耐力は、出世へと導いてくれるかもしれません。

②信念を持っている人

信念

出世していく要因のひとつで、自分でしっかりと信念を持っている人があります。どうしても企業は人付き合いが多くなってしまい、上司の目だけを気にしてしまうという人もいることでしょう。また部下へ早くしてほしいと強気な発言をしていきながらも、どうしても嫌われてしまうのを恐れてしまうという傾向もあります。ただ考えていくと、人望が厚いと感じられる方がよく出世していくことはほとんどありません。上司が求めていく存在というのは、嫌われ役となるケースを引き受けていくことなのです。嫌な顔を人にされたとしても明確な指示を出していき、人をいかにして動かしていくかを求められています。優しいだけだと、決してうまく回ることはありません。嫌われる役を自ら買って出ていく人間は、出世していく人間と言えるでしょう。

③話を聞くのが上手な人

コミュニケーション

仕事は話をすることが多いです。出世していく上では、上司から推薦されることも大きな要因となりますが、ここでも話をしていくケースがあります。上司より出世について推薦をもらっていくためには、上司に気に入られていくことも大前提ですが、嫌われている人間以上に好かれていくことで出世していくことでしょう。好かれるためには、上司の話を聞いていきながら回答を出していくことが重要です。仕事の話を上司がしていれば、きっちりと聞いていきながら、自分が仕事熱心ということをアピールしていくようにしましょう。そして多少上司が間違っていることを話していると感じれば、聞き役に徹することも重要です。上司からの好感度は、自然とあがっていくものです。そして上手く対処していくようになります。

④上司が共に働きたいと思える存在となる

交渉

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  2. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  3. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 髭というとダンディなイメージを与えられますし、きちんと整えてあるとそれだけでかっこよく見えてきます。…
  2. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  3. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  4. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  5. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
  6. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
ページ上部へ戻る