助成金とは

ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正しく説明できる人は多くないかもしれません。携わる仕事によっては正しく知っておかないと恥かいたり、仕事の上でも失敗に繋がったりとなるため、正しく知識を身に付けておくことが大切です。そこでここでは「助成金」についてお話したいと思います。正しい意味を知らない、知っているつもりだけど自信はない、そんな方は確認の意味も込めて正しい意味を身に付けるようにしましょう。


助成金とはどんなもの?

助成金とは、返済不要な国からの支援金のことを言います。条件を満たすことで支給されることになりますが、助成金には返済の必要がありません。よく融資と混同される人がいますが、融資は返済の必要があり、助成金は返済の必要がないことを覚えておきましょう。

事業の様々な側面において助成金制度が活用されており、企業の支援の為にも欠かせない制度であると言えます。特に多くの資金があるわけではない中小企業や、創業間もない企業においては、条件を満たすのであれば積極的に利用すべき制度だと言えます。ただし助成金は申請すればすぐに貰えるわけではありません。実際に支給されるまでには、種類の準備、申請などやはり一定の期間を要することになります。そのようなことから計画的に進めることが大切になります。


助成金の種類について

助成金は様々な種類に分かれており、その時々条件を持たす必要なものを申請することになります。助成金には、主に企業の雇用や教育などに関わる種類のものが多くあります。企業が人を雇用し、雇用した人材の教育などを行うことを支援することを目的としているものが多くあります。雇用や教育だけでなく、その他にも様々な種類の助成金がありますので、どんなものがあって、支給の為の条件はどんなものかなど、助成金に関する正しい知識を身に付けておくことは大事です。知らなかったからと利用していない企業も多く、やはり条件を満たしているのであれば申請しないのはもったいないと言えるかもしれません。


助成率や助成額は企業によって変わることも

助成金は企業の規模や各種条件によって助成率が変わります。同時に助成額についても条件などがあり、どのくらいの金額の支給を受けられるかは受ける助成金の種類や企業規模によって変わることを知っておきましょう。申請する助成金の種類や企業規模によって、実際にどれくらい支給されるかは変わります。条件を満たしているかを確認すると同時に、どのくらい満たしているのか、その場合どれくらいの支給額になるのか、なども確認しておくようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  2. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  3. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  4. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  5. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  6. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
ページ上部へ戻る