【管理者・上司は必見】部下との信頼関係を築くコーチング術

「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」

部下から突然、このように打ち明けられるリーダーは少なくありません。もしも、あなたの中で思い当たる出来事があれば、部下はあなたに本音が言いにくかったと考えた方が良さそうです。特に仕事をまっすぐに、一生懸命に頑張る人ほど、部下は本音を言えないという傾向があります。

たとえば、部下から相談を受けたときに、良かれと思って色々なアドバイスをすることも原因の一つです。部下は話を聞いて欲しいのに、上司の助言は指示に等しく、さらに仕事のやり方を固定化される気持ちになってしまいます。

部下の心を動かす傾聴力

部下から相談されたときは、相手の話す内容に応じて3つの受け答えをすると効果的です。それぞれの応対方法は、反復・代弁・質問なのですが、具体例も交えて以下に解説していきます。

質問方法
①反復 部下の話した言葉を反復しながら傾聴する
②代弁 部下の感情を代弁してあげる
③質問 部下の言いたいことを要約して質問する

 
具体例
  • 部下「営業職を3年経験したので、もう十分です。企画に異動させて下さい」
  • 上司「そうか、もう3年にもなるのか」①反復
  • 部下「そうです。もう営業は十分できるようになりました。もっと成長したいです」
  • 上司「そうか、もっと成長したいのか」①反復
  • 部下「はい、最近は現状でいることに焦ってしまって、仕事に集中できないんです」
  • 上司「そうか、それはつらいな…」②部下の気持ちを代弁
  • 部下「はい、なので次の人事異動で、企画に移りたいと考えています」
  • 上司「そうなのか、それならお前にとって良い方向になるように考えたいね。
  • ちなみに、他の選択肢はなかったの?」
  • 部下「正直、これしか思い浮かびませんでした」
  • 上司「ということは、企画に異動することに絞るのではなく、成長できる方法を
  • 考えた方がいいってことかな?」③質問
  • 部下「はい、そうですね」
  • 上司「一緒に考えてみる?」
  • 部下「お願いします」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  2. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…
  3. 職場のストレスは病気の原因に!ストレス解消方法まとめ

    仕事のストレスをためてしまうと、心身に症状がでたり、やる気やモチベーションが上がらない原因になってし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  2. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  3. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  5. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  6. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
ページ上部へ戻る