何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今注意したばかりの内容だったとなれば尚更だと言えるでしょう。しかし、悩んでばかりいても解決しません。そこで、この記事では何度言っても同じミスを繰り返す部下への指導方法のポイントを4つご提案致します。この記事を参考に、一刻も早く部下がミスを繰り返すような状況を解消するようにして下さい。

①指摘と叱責だけの繰り返しでは効果がない

叱る

何度も注意するのに部下が同じミスを繰り返す原因は、上司である皆さんの注意の仕方にもある可能性があります。

具体的には「ミスの指摘と叱責だけの繰り返し」になってはいなかったかということです。例えば「またミスしているじゃないか。何度言ったらわかるんだ。」といった主旨の台詞を繰り返しているだけだとしたら、それは勉強嫌いな子供に対して口うるさく「勉強しなさい」と繰り返す親の注意方法とあまり変わりないと言えます。

つまり、台詞が繰り返されることで部下に悪い意味での「慣れ」が生じてしまい、むしろ繰り返されるほどその効果が低下してゆくことになります。これでは「何度言っても」という状況は解消されないと言えます。では、どうすれば良いかと言うことは次章でご紹介しますが、まずは、そうした注意の方法に陥っていなかったかを検証して頂き、そうであったとしたら早急に是正することが必要と言えます。

②その場で正しいやり方を再現させる

教育

前述のような「指摘と叱責の繰り返し」だけになってしまったら、注意そのものが目的化してしまい、ミスの改善指導までには至らなくなってしまいます。では改善するためにどうすれば良いかと言うことですが、その一つが、ミスが起きた際、注意だけに留めずその場で正しいやり方を皆さんの前で再現させるということです。

例えば、書類を作成した期日を記載することを何度言っても忘れてしまうケースでは、極短時間で作成出来そうな書類作成をその場で指示するか、或いは架空事例でも構いませんので書類作成を指示し、日付をちゃんと記載させ、それを確認するということです。(部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

それでも一度では改善しないかも知れませんが、正しいやり方の再現そのものが繰り返されれば、徐々に正しいやり方が体に身に付いてゆくことが期待出来ます。

③ミスが起きる原因とその対策案を部下自身に考えさせる

やり方

次にご提案申し上げたい対策が、部下自身にミスが繰り返される原因を考えさせると共に、その対策案を考えさせると言うことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  3. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  2. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  3. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  4. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  5. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  6. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
ページ上部へ戻る