【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つに分かれていきます。同じ時間働いてきたはずの両者の立場が大きく分かれるのは、日々のちょっとした仕事の差が時間をかけて大きくなり、評価や人望に表れたからに他なりません。

これから会社を盛り上げていく立場の新卒・若手社員の皆さんがまず目指すべきところは、上司から頼りにされる存在の部下になること。しかし上司によって評価の仕方はさまざまです。そのため今回は、マイナス評価にならないための使えない部下の特徴を反面教師としてご紹介していきます。

使えない部下の7つの特徴

使えない部下の7つの特徴

(1)初歩的なミスを繰り返す

誰にだって初歩的なミスの一つや二つ、経験したことがあるものです。もちろん仕事ができる上司や部下も同じ。しかし、使える部下と使えない部下の決定的な差は、初歩的なミスを犯した後の対応に表れます。

使える部下は同じミスは二度としまいと、ミスを繰り返さないための原因を突き止め、工夫や対策、意識付けを自分に課し、実行します。そのため、簡単なミスを何度も繰り返すことはありません。その点で使えない部下は初歩的なミスを改善しようという意識そのものが希薄なため、ミスを何度でも平気で繰り返してしまうのです。

(2)自分勝手に解釈して仕事に取り組む

使えない部下は必ずしも仕事に対して消極的だとは限りません。むしろ指示された仕事に対して意欲的に取り組む部下もいます。ところが、意欲があるのに使えない部下の最大の欠点は、意欲的に仕事へ取り組むものの、物事の本質を理解せず、自分勝手な解釈や考え・判断に基づいて仕事を進めてしまう点にあります。

どんな小さな仕事であれ、狙いや目的、コンセプトがあります。品質を重視しなければならない仕事もあれば、少々の問題なら目をつぶってでも納期最優先で取り組まなければならない場合もあるのです。それらを取り違えてしまえば、成果物の出来が指示者の求める内容に伴わなくなってしまいます。

指示内容の表面的なことを聞いて判断するのではなく、指示の目的を理解することが大切。上司に確認もせず勝手に「こうだろう」と思い込んで仕事を進めてしまうため、一からやり直さないといけない事態に陥るのです。その結果、指示した上司は仕事が増えてしまうのです。

(3)仕事を安請け合いしてしまう

使えない部下の典型的特徴の一つと言えるのが、上司から要望された品質や納期に従って仕事を仕上げることができるか、あまり考えることなく安易に仕事を引き受けてしまう点です。

自分が抱えている仕事の進行状況や要する時間、求められている納期を的確に踏まえていれば、あとどのくらいの業務を引き受けることができるか大凡の見通しは立てることができますよね。ところが使えない部下は業務量を把握することなく、指示された仕事内容の難度だけで判断してしまうため「それならできます」と返事してしまいます。その結果、新たに依頼された仕事は勿論、既に抱えていた仕事までも満足に取り組めなくなり、全て中途半端な結果となってしまうことがしばしば生じてしまいます。

(4)出来なかったときの弁解は上手

仕事が指示どおりにできなかった場合や重大なミスを犯した場合、反省し、次の仕事に活かしてくれるなら部下として今後の成長が大いに期待できます。ところが、使えない部下は言い訳や弁解に終始すること、様々な事情や条件、他者などに責任転嫁することで「自分は悪くない」という説明を力説します。しかも環境、条件、周囲のせいにすることを繰り返している内に弁解や言い訳だけが饒舌になってしまっている点も、使えない部下の特徴です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  2. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  3. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  2. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  3. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  4. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  5. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  6. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
ページ上部へ戻る