部下をやる気にさせる上手な褒め方

部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い訳ではないことは、改めて申し上げるまでもありません。褒め方が悪ければ逆にやる気を失ってしまったり、勘違いをして驕ってしまったりすることもあります。部下のやる気を引き出すには月並みですが「上手に褒める」ことが大切です。そこで今回は全国の上司の皆さんにとって常に古くて新しい重要テーマと言える、「部下の上手な褒め方」を紹介することに致します。


自分を評価基準にしていないかを自己点検すること

当たり前のことですが、部下を褒めるには褒める材料を見つけることが必要です。ところが、この当然と思えることを蔑ろにしている上司の方が少なくありません。何故なら、人間は無自覚なまま「自分」を基準にして他者を評価してしまう場合が多いからです。そうなってしまえば、皆さんより仕事の能力が劣る部下を褒める材料は見つけにくくなってしまいます。褒める材料が少なければ褒める機会も限られますし、機会が少なくなれば褒め方も上達しません。

また、この後述べますが、もれなく褒めようとする必要はありませんがまめに褒めること、即ちできるだけ褒める回数を増やすようにすることも「上手な褒め方」の一つです。部下の立場になっているつもりが、気付いたら自分基準で部下をみていたといったことはよくあることです。自分基準の評価で部下を褒めるべき機会を見失っていないか時々自己点検することが大切であり、そうした取り組みが結果的に上手な褒め方にもつながってきます。


褒める場面を見出してできるだけ褒めることも大切

部下の上手な褒め方として、1回ごとの褒め方は上手であったとしても一人の部下に対して褒める回数がかなり限られるようであれば「部下をやる気にさせる」ことは難しくなってしまいます。部下にしてみればちょっとしたことであっても上司に一言でよいから褒めて欲しいと思う場面は、決して少なくありません。

例えば手書き文章がきれいにかけたとか、来訪されたお客様が帰り際に忘れ物をしそうになったところを気付いてお客様に喜んで頂いただとか、決して仕事で華々しい成果をあげたとは言えないような場面であっても、否、仕事で華々しい成果ではないからこそ余計に褒めて欲しいと思える場面があるのです。

人間は「褒めてもらって当然」と思えるような場面で褒めてもらう場合と、「たいしたいことではないので褒めてもらえなくても仕方がない」との諦めの気持ちが芽生えるような場面で褒めてもらう場合であれば、当然後者の方が、喜びが大きくなります。裏返して言えば、仕事で華々しい成果をあげた場合だけ「褒める」ということは「上手な褒め方」とは言えないのです。下手な鉄砲式になんでもかんでも褒めれば良いと言う訳ではありませんが、ささやかな場面であってもできるだけ褒めるよう努めることも「上手な褒め方」の一つです。


評価している点を具体的に指摘する

「褒める」ことは「おだてる」ことではありません。「すばらしい」「よくやった」「とてもいいぞ」といった言葉が不要だと言う訳ではありませんが、それらの言葉だけでは部下をおだてているだけで真の意味で「褒める」ことにはなっていません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  2. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  3. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  4. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  5. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  6. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
ページ上部へ戻る