仕事の疲れがとれない人にやってほしい10の解消方法

「最近仕事の疲れが取れない」、「疲労感がずっと続いている」といった悩みを訴える企業戦士諸氏の声は決して少なくありません。疲労感が取れない状態でずっと仕事を続けていけば、人生そのものにも疲れを感じて体を壊す原因にもなります。疲れた体や心を回復させ明日への活力を取り戻すことは、仕事を取り組むために重要なことと言っても良いでしょう。

そこで今回は、疲労感が取れないとお悩みの仕事勤めの人に対し、仕事の疲れを取る方法を様々な場面ごとに10つ伝授させて頂きます。

①理想と現実にギャップがある、適正がないと感じている

理想と現実にギャップがある、適正がないと感じている

入社する前に感じていた仕事へのイメージが、実際に働いてみたら想像していた仕事内容と違った、ということは少なくありません。そうなれば仕事に対して焦りや戸惑いが生じて精神的に疲れてしまいます。仕事をやめたい気持ちも出てしまい、そうなると睡眠を十分にとっても体の疲れがとれません。

また、一生懸命今の仕事に取り組んでいるのに結果がついてこなければ、きっと悩むでしょう。特に、同じように業務に取り組む周囲の人はうまくできるのに、自分だけミスしたり失敗したりすることを考えてしまうと、より深みにはまってしまいます。心がリラックスした状態を保てなければ、休憩したり睡眠時間を確保しても、十分に安らぐことができません。

理想との差がある場合:理想と現実が重なる部分を突き詰める

サラリーマンの約9割はやりたい仕事ができていないと言われる昨今、理想と現実の間にギャップがあるからといってすぐに辞めてしますのはあなたのキャリアにとって良くありません。ですが夢を諦める必要はありません。きっと今の会社の業務でも、あなたがやりたいと思う仕事と重なる部分は少なからずあるはずです。

例えばどの会社にいっても求められる能力といえば「社内コミュニケーション能力」「ビジネスマナー」「事務処理能力」「時間管理能力」など挙げればキリないくらいあるはずです。また営業職であれば、売る商材は違っても「提案力」「行動力」「プレゼン能力」など、どんな商品を売るにしてもこれらは最低限必要です。

それらの次の仕事でも必要な能力が、今の職場で習得できる項目を一旦整理した上で、そこに力を入れて取り組めば、将来の転職を見据えてステップアップができ、また体や精神面でも今の仕事に対する負荷が少なく感じれるでしょう。その結果、疲れも感じにくくなるのです。

適正がないと感じた場合:尊敬できる上司に相談する

適正があるかどうか主観的に悩むよりも、人に相談したほうが、自分の足りない能力を客観的に知ることができるため効果的です。また相談する相手は、誰でも良いわけではありません。尊敬できる上司にしましょう。

理由は2点あります。一つ目は、上司であればこれまでの経験から「あなたに必要な答え」を知っている可能性が高いから。もう一つは、相談する人にとって、尊敬している人の意見は、素直に聞き入れやすい傾向があるからです。周りの人からアドバイスをもらったとしても、嫌いな上司や同僚の話であれば、悪意を感じたり、話を聞き入れにくいこともあるはず。よっぽどクリエイティブな仕事でない限り、「適正がない」ということはまずありません。きっと不足している能力を磨いていけば、今の仕事もうまくできるようになるはずです。悩んでいても疲れが溜まるだけ。信頼できる人に相談して、気持ちを楽にしてあげましょう。

②仕事場の人間関係が嫌で疲れている

仕事場の人間関係が嫌で疲れている

人間関係が原因で職場に行きたくないと思う社会人は、実は非常に多いのです。どんなにやりたい仕事ができていても、上司が理不尽だったり、部下が言うことを聞かない、パワハラなどの問題を抱えると、精神的にストレスを感じてしまいます。

ですがどんな職場でも、多くの人が集まる以上、人間関係の問題はかならず付きまといます。人間関係が原因で今の仕事を辞めても、次の職場でも自分と合わない人が必ずいます。そのため、自分から克服できる対処方法を知っておくべきと言えます。

人間関係が原因の場合:本音でぶつかる

職場にはいじりやすい人といじりにくい人の2パターンがいます。あなたは文句も言わず、どんな指示にも従順に従っていることが多いのではありませんか。つまり、相手からするとなんでも言える「いじりやすい人」になってしまっているということです。

何を言われても心の中で感情を抑え込んでしまっているのであれば、それを取っ払って本音をぶつけてみましょう。きっとあなたは「いじられたくない人」。でも何も言い返さないから相手はそれが分かっていないのです。部下も同様。怒られないから言うことを聞かないという状況になっているのでは。上述していますが、心の疲れは体の疲れをとれない原因になってしまいます。気持ちをはっきり外に出していくようにしましょう。

③仕事のやる気がでない

仕事のやる気がでない

なぜか仕事のやる気がない、モチベーションが上がらない、何もしたくないという状況に陥れば、体がダルい状態が続き、理由も分からず疲れが取れない状態になってしまいます。五月病ならまだしも、そうではない時期になってしまうと要注意。対処法をご紹介します。

解消方法①:仕事で硬くなっている体や心を定期的にほぐす

疲れた状態をどう回復させるかの方法論も大事ですが、疲労度そのものが軽減されればそれだけ疲れも取りやすくなりますので、まずは疲れを軽減させる方法からご紹介します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…
  2. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  3. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  2. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  3. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  4. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  5. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  6. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
ページ上部へ戻る