体育系学生の就活での弱み・デメリット

一般的に体育会系学生は就活で強いと言われており、体育会系学生が内定獲得数で強みを発揮していると思われる企業も実際にあります。では体育会系の学生は「強み(企業側にとってのメリット)」ばかりであり、弱みや企業側のデメリットは一切ないのでしょうか。

結論から言えば、体育会系学生だからこその弱みや企業側のデメリットは幾つかあります。決して一方的にメリットばかりということではないのです。ではどのような弱みがあるのか、他の就活サイトではなかなか目にすることがない体育会系学生の就活の弱みについて迫って参ります。

①就活に強いことで慢心している

就活に強いことで慢心している体育会系学生は就活に強いと言われ、また実際に企業側から特別なオフォーや評価をもらう機会が一般学生よりも多いこと等が重なり、体育会系の学生全てではないものの体育会系ということで特権階級意識をもったり、慢心したり、増長してしまったりする学生もいます。慢心した、あるいは増長した社員は他の社員の反発を招きますし、チームの雰囲気を乱すことにもなります。

体育会系学生は規律を重んじますので、上司の指示や命令には忠実ですが、体育会系ではない同僚の社員とも良好なコミュニケーションを図る必要がありますが、慢心や増長はそうした良好なコミュニケーション関係を築く場合の大きな障害になると言えます。

②上下関係の厳しさが「下」に対して裏目になる場合がある

体育会系学生の、厳しい上下関係の中で培われた服従心や上役を重んじる姿勢は人事上プラス評価に値しますが、その一方、体育会系学生は自分がそうしてきたこともあって、後輩に対して問答無用で理不尽な要求にも従わせるという悪い面を抱えている場合もあります。

自身の部活動における後輩への接し方を会社へそのまま持ち込まなかったとしても、下は上の者に対して従うことは当たり前という環境でずっと過ごしてきた体育会系学生は、一般学生より後輩や下の立場となるアルバイトやパートに対する接し方が厳しくなりがちです。

そのため、体育会系社員のそうした厳しい接し方に対して後輩社員やアルバイトなどが反発心を覚えたり、嫌ったりといった組織的摩擦が生じる場合があります。こうした懸念があるのも、体育会系学生ならでのデメリットと言えます。

③ルールには忠実であってもルールを作り出すことは苦手

体育会系の学生は競技のルールを遵守する必要があることから、ルールや規定、マニュアルを遵守するという点では一般学生より高い規範を示すことが期待できます。

しかしながら、そうしたルールやマニュアルに従って忠実に職務をこなすことが求められるのは平の立場までであり、管理職となってくれば従来の規約に従うだけでなく、自ら新しいルールやマニュアルを作り出すことも要求されるようになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…
  2. 商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文

    商談後にお客様へお礼の手紙やメールを出す以上、やはりお客様との関係を更に良好にしたいものですし、次の…
  3. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
  2. 面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅め…
  3. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  4. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  5. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
  6. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
ページ上部へ戻る