体育会系学生の就活での強み・メリット

④時間の大切さを理解している

特に文系の学生にとって大学は今も昔も「モラトリアム的期間」という状況にあります。つまり人生の中で最も時間に余裕がある期間を過ごしていると言えます。

そのため、大学に通うこと以外に特別な活動を行っていない学生は「時間」に対してルーズになったり、時間の価値や重要性に対する認識が希薄になりがちになったりします。

体育会系の学生は、通常の大学の授業に加えて、試合や遠征による合宿で時間を奪われることが多々ある上、大会など一定の時間的な制限の中でチーム力や個人の能力を高める必要があるため、否応無しに時間を有効に活用することに迫られます。つまり学生生活そのものを通じて、時間を大切にするマインドが醸成されているのが体育会系学生と言えます。

仕事を行う上で「タイムマネジメント」が重視されることは皆さんも御承知でしょうが、タイムマネジメントの精度は知識やノウハウだけでなく、時間を大切にしようとする意識の高さによっても左右されます。

その点で体育会系学生は、一般の学生よりタイムマネジメントを行う上で重要なベースとなる時間の大切さをよく理解している点が大きな強みになると言えます。

⑤戦略的思考や改善思考が身についている

戦略的思考や改善思考が身についているスポーツは体だけを鍛えるだけで上手くなったり、試合で勝てるようになったりする訳ではありません。体育会系の学生は例えば試合に負けた場合には何が敗因であったかを分析し、次回勝てるにはどうすれば良いか、何を強化すれば良いのか話し合ったり、研究したりといった取組みを当たり前のように行っています。

そのため体育会系の学生は会社員にとっては必須と言える、勝つための戦略を考えることや改善点を発見してその改善に取り組むという改善思考も部活を通じて培われていると言えます。

たとえば営業職の仕事では、契約率を上げるためにアポイントの精度を高めたり商談トークを見直すなど、場面ごとの商談スキルを引き上げる必要があります。戦略的思考や改善思考は、社員を採用してから研修や現場を通じて時間をかけて教育していくものですが、そうした思考の基礎を体育会系学生は身に付けているという点は、採用時のアドバンテージとなってきます。

体育会系学生は気力、体力だけで高く評価されているのではない

体育会系学生は決してスポーツに長年取り組んできたことで鍛われた気力や体力だけが評価されている訳ではないということです。

企業において活躍し得る人材として勿論気力や体力も必要な要素ですが、例えば記事の中で紹介した戦略的思考など、大学の学問だけでは実践的に学べないことを体育会系の学生はスポーツを通じて自ら学び、考えて実践的に取り組むという貴重な経験を有しています。そうした貴重な経験等も高く評価されることが、体育会系学生が一般的に就活で有利となる理由なのです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    会社を辞める「本音の」理由として、常に上位にランクインするのが人間関係の問題です。これまでは人間関係…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  2. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
  3. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  4. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  5. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  6. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
ページ上部へ戻る