【経営者の名言を活かす】朝礼スピーチの話題・ネタ5選

昔は多くの企業が朝礼を行い、その場で指名されてスピーチをさせられたものです。現在では以前と比べると朝礼でスピーチをやっている企業は少なくなったものの、社内の士気やモチベーションが仕事に大きく影響を与える営業関連の部署では、今も行っている傾向が高いでしょう。

スピーチの内容は営業報告や目標などを発表したり、ビジネスマンとして人生のタメになる話や、現在直面している経済問題・社会問題など、様々なテーマを話すことができますが、営業マンにとってスピーチは、周囲に影響を与えるマネジメントの練習にもなるため、心に響く内容をスピーチで伝えることは、同僚や先輩たちに差をつけるチャンスともいえるのではないでしょうか。今回はスピーチのネタをいくつか紹介していきます。

①「1日生きることは、一歩進むことでありたい」

理論物理学者であり、日本人初のノーベル平和賞となった湯川秀樹博士の言葉です。研究とは、1日1日の成功や失敗を繰り返し、大きな成功へと道が開けるものです。この言葉は営業マンにも通じる部分があります。営業を行っていると、うまくいったことや失敗したエピソードなどが日々蓄積されていくでしょう。その積み重ねが自己を成長させ、大きな成果を上げることにつながります。

この言葉を聞くと、人は「自分は、日々一歩ずつ進めるような生き方をしているのだろうか、1日1日を意識できているだろうか」などと自らの身の上と照らし合わすキッカケになります。成功をおさめた人から発せられた言葉には、一朝一夕では浮かばない独特の凄味と重みがあります。こうした品格ある大人の名言知識を皆の前で、これからの自分の生き方に反省を交えて披露しましょう。

②「ハングリーであれ、愚かであれ」

二つ目は実業家でありアップル社の共同設立者であるスティーブ・ジョブズ氏の言葉です。この言葉は、クレーバーな思想と先進的なアイデアで、常に業界のトップに立ち続けた彼のビジネスの基本がすべて詰まっているようです。

ビジネスには、スピードが求められ、即座に重要な判断をしなくてはいけない時があります。そんな時こそこの言葉が必要になってきます。何かを求めなくては成長が見込めない、妙に小賢しくなって失敗を恐れるようでは、新しいアイデアは実現しないと言うことです。

③「失敗は最高の教師、成功は最低の教師だ」

三つ目は実業家であり、マイクロソフト社共同創業者のビル・ゲイツ氏の言葉。確かに成功することは素晴らしいことです。ですがそれによって自分を過信し、またその成功を失うことを恐れて、次のチャンスを逃がしてしまうこともあります。成功は人に自信を与えると同時に、周りを見えなくしてしまうと言うことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  2. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  3. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  2. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  3. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  4. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  5. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  6. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
ページ上部へ戻る