【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュニケーションをとることが常に求められますが、特に営業職の方にとってはこの「対人対応力」を高めることが商談で契約を頂くカギとなります。多くの顧客と接する中で話しやすい人もいれば、苦手な人もいるはず。今回は顧客のタイプを見抜いて関係性を構築する、ソーシャルスタイルについて解説していきます。

相手のソーシャルスタイルを見抜く2つの方法

ソーシャルスタイルとは相手のタイプを4つに分類して判断する方法であり、その人のスタイルを理解することで、相手の性格に合った接し方をすることが可能となります。ソーシャルスタイルで相手のタイプを見極めるための判断方法は2つあり、それぞれ「自己主張の強・弱」「感情表現の多・少」となります。相手の素振りから見極める方法を見ていきましょう。

①自己主張の強・弱

まずは自己主張の強弱について。自己主張とは自分の意見や考え、欲求などを他人に伝えることをいいます。初めて会う人であれば、自己主張が強い人かどうか、なかなか判断できないと思いますが、実は自己主張の強さは「話し方」や「態度」にも現れるといわれています。あなた自身がソーシャルスタイルで、どのタイプに分類されるかを理解しておくことも大事なので、まずは自分の自己主張が強いかどうか、以下を参考に確認しておきましょう。

自己主張

②感情表現の多・少

自己主張に続いて、ソーシャルスタイルを見極める判断軸になるのが「感情表現の多さ」を知ること。感情表現でイメージしやすい項目は、「表情の柔らかさ」や「話し方に抑揚があるか」という部分が挙げられますが、実は話の内容でも判断することができます。例えば、事実やデータの数字に基づいて話す傾向のある人なら、感情表現が少ない人に分類され、一方でエピソードを主体に話す傾向のある人であれば、感情表現が多い人という見極め方もあります。それでは以下を参考に確認していきましょう。

感情表現

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  2. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  2. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  3. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  4. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
  5. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  6. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
ページ上部へ戻る