【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュニケーションをとることが常に求められますが、特に営業職の方にとってはこの「対人対応力」を高めることが商談で契約を頂くカギとなります。多くの顧客と接する中で話しやすい人もいれば、苦手な人もいるはず。今回は顧客のタイプを見抜いて関係性を構築する、ソーシャルスタイルについて解説していきます。

相手のソーシャルスタイルを見抜く2つの方法

ソーシャルスタイルとは相手のタイプを4つに分類して判断する方法であり、その人のスタイルを理解することで、相手の性格に合った接し方をすることが可能となります。ソーシャルスタイルで相手のタイプを見極めるための判断方法は2つあり、それぞれ「自己主張の強・弱」「感情表現の多・少」となります。相手の素振りから見極める方法を見ていきましょう。

①自己主張の強・弱

まずは自己主張の強弱について。自己主張とは自分の意見や考え、欲求などを他人に伝えることをいいます。初めて会う人であれば、自己主張が強い人かどうか、なかなか判断できないと思いますが、実は自己主張の強さは「話し方」や「態度」にも現れるといわれています。あなた自身がソーシャルスタイルで、どのタイプに分類されるかを理解しておくことも大事なので、まずは自分の自己主張が強いかどうか、以下を参考に確認しておきましょう。

自己主張

②感情表現の多・少

自己主張に続いて、ソーシャルスタイルを見極める判断軸になるのが「感情表現の多さ」を知ること。感情表現でイメージしやすい項目は、「表情の柔らかさ」や「話し方に抑揚があるか」という部分が挙げられますが、実は話の内容でも判断することができます。例えば、事実やデータの数字に基づいて話す傾向のある人なら、感情表現が少ない人に分類され、一方でエピソードを主体に話す傾向のある人であれば、感情表現が多い人という見極め方もあります。それでは以下を参考に確認していきましょう。

感情表現

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…
  2. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  3. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  2. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  3. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  4. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  5. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  6. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
ページ上部へ戻る