大手企業と中小・ベンチャー企業で身につくスキルの違い

大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何となく想像出来ますが、具体的にどのような違いが生じるのでしょうか。そこで大手とベンチャーで身につくスキルの違いを知りたいという皆さんへ、大手、ベンチャーで身につくスキルにどのような違いがあるのか、大手で身につくスキルとベンチャーで身につくスキルをそれぞれ3つずつ、計6つ程皆さんにご紹介することに致します。


大手企業で身につくスキルについて

①高度で洗練された接待術や気配り術

大手企業は従業員数だけでなくお客様や取引先企業も多く、そうした中で自社に対するブランド力や対外的信頼を維持するためには、接待等も含めた高度で洗練された接客術やマナーが必然的に求められてきます。

従って大企業に在職していれば、高級な店舗においてそれなりの立場の方を接待する機会もしばしばありますので、そうした高級店でのマナーは勿論、大手に相応しい接待術等を学ぶことも出来ます。一方、ベンチャーの場合はどうしてもそうした機会は限られがちですので、この点は大手だからこそ身につけることができるスキルと言って良いでしょう。


②職種ごとの専門的知識やスキル

ベンチャーは1人の社員が何役にも担って数多くの仕事をこなさなければなりませんので、一つの職種に対する深い知識やスキルをじっくりと身につけ、高めると言うことは難しいと言えます。

その点で大手企業は営業に配属されたら営業、経理部に配属されたら経理、開発なら開発と分業体制が整っているだけでなく、新卒者を育ててゆくための研修カリキュラム等も整備されている場合が多いので、基礎から系統だったカリキュラムに基づいて、担当している職種の仕事に対する深い知識やスキルを着実に身につけることができます。


③交渉術や根回し等のスキル

ベンチャー企業で仕事を進める場合は、トップからYESをとるだけで良いことが多く、しかもそうした同意を求める機会そのものも少ないと言えます。その点で大企業は一つの仕事を進める場合でも、様々なセクションに交渉や根回しをして同意を得てゆく努力が必要な場合が少なくありません。

その結果、大企業で働いていればそうした組織的な根回しや交渉等のスキルが身に付くことになりますが、こうしたスキルはベンチャーではなかなか得ることが出来ないスキルと言えます。


中小・ベンチャー企業で身に付くスキルについて

①プロジェクトをトータルにマネジメントできるスキル

ベンチャー企業は大企業のような分業体制がないため、一つのプロジェクトを全て自分一人でこなさなければならないような場合も多く、こうした経験は大企業ではまず経験出来ないと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…
  2. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  3. 新卒営業マンの不安と解消方法

    新卒営業マンの不安と解消方法

    ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  2. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  3. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  4. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  5. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  6. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
ページ上部へ戻る