企業が40代の転職希望者に期待する能力・スキルとは

企業が40代の人材を外部から登用しようとする場合には、40代だからこそ期待する専門的な能力、スキルなどがあります。では企業側は40代の転職希望者に対してどのような能力、あるいはスキルを期待しているのでしょうか。今回は、企業側が40代の転職希望者に求める能力やスキルとはどのようなものかを明らかにして参ります。


①若手社員の教育力・指導力

40代の転職希望者に対して最も求められるのは、長年の社会経験に根ざした20代や30代の若手社員に対する指導力や教育力です。40代の強みはなんと言っても、20代や30代より長いキャリアと人生経験を積んでいることにあります。こればかりは20代や30代の転職志望者が逆立ちしても勝てない40代特有の強みです。企業発展において人材の成長は不可欠ですが、中でも次代を担う20代や30代社員の育成を重視している企業が40代転職者の指導力や教育力を期待して積極的に採用しているとも言えるのです。

そのため40代転職者はプレイヤーとして自分の仕事だけをこなせば良いのではなく、プレイングマネージャーとして自ら業務オペレーションをこなしながら若手の教育や指導に取り組むことが求められることも自覚しておく必要があります。また、単に教育や指導を行えば良いのではありません。若手が育ったかどうか結果が求められることは言うまでもありません。つまり若手の人材教育において「結果を出せるスキルや能力」が求められることも理解しておくことが大切と言えます。


②人間関係の調整力、修復力

40代転職希望者は単に協調性等が求められるのではなく、更に次元の高いコミュニケーション能力が求められます。その一つが人間関係を調整できる力や、組織やチーム内で人間関係が拗れた場合に当事者同士の間に入って両者の関係を修復できる力です。これは①同様、20代、30代より豊富な人生経験を有しているからこそ40代に期待される能力です。企業は改めて言うまでもなくチームワークが大切です。人間関係が上手くいっていなければそれは当事者同士だけの問題ではなくそのチーム、ひいては組織全体にも悪い影響を与える場合があります。

特に20代や30代はエネルギッシュな面が災いし、ダレイレクトにぶつかってしまうことが40代や50代の社員より多くなりがちです。そうなった場合、両者の関係を調整、修復しやすいのは同年代ではなく経験豊富な40代以上の社員と言えます。つまり組織の潤滑油的な役割も40代転職者には期待されている役割なのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  2. 成功する人に共通する特徴・習慣17選

    誰もが成功者になりたいと思う人は少なくないと思います。しかし悲しいかな、漠然と願うだけでは成功者にな…
  3. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  2. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  3. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  4. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  5. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  6. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
ページ上部へ戻る