企業が40代の転職希望者に期待する能力・スキルとは

企業が40代の人材を外部から登用しようとする場合には、40代だからこそ期待する専門的な能力、スキルなどがあります。では企業側は40代の転職希望者に対してどのような能力、あるいはスキルを期待しているのでしょうか。今回は、企業側が40代の転職希望者に求める能力やスキルとはどのようなものかを明らかにして参ります。


①若手社員の教育力・指導力

40代の転職希望者に対して最も求められるのは、長年の社会経験に根ざした20代や30代の若手社員に対する指導力や教育力です。40代の強みはなんと言っても、20代や30代より長いキャリアと人生経験を積んでいることにあります。こればかりは20代や30代の転職志望者が逆立ちしても勝てない40代特有の強みです。企業発展において人材の成長は不可欠ですが、中でも次代を担う20代や30代社員の育成を重視している企業が40代転職者の指導力や教育力を期待して積極的に採用しているとも言えるのです。

そのため40代転職者はプレイヤーとして自分の仕事だけをこなせば良いのではなく、プレイングマネージャーとして自ら業務オペレーションをこなしながら若手の教育や指導に取り組むことが求められることも自覚しておく必要があります。また、単に教育や指導を行えば良いのではありません。若手が育ったかどうか結果が求められることは言うまでもありません。つまり若手の人材教育において「結果を出せるスキルや能力」が求められることも理解しておくことが大切と言えます。


②人間関係の調整力、修復力

40代転職希望者は単に協調性等が求められるのではなく、更に次元の高いコミュニケーション能力が求められます。その一つが人間関係を調整できる力や、組織やチーム内で人間関係が拗れた場合に当事者同士の間に入って両者の関係を修復できる力です。これは①同様、20代、30代より豊富な人生経験を有しているからこそ40代に期待される能力です。企業は改めて言うまでもなくチームワークが大切です。人間関係が上手くいっていなければそれは当事者同士だけの問題ではなくそのチーム、ひいては組織全体にも悪い影響を与える場合があります。

特に20代や30代はエネルギッシュな面が災いし、ダレイレクトにぶつかってしまうことが40代や50代の社員より多くなりがちです。そうなった場合、両者の関係を調整、修復しやすいのは同年代ではなく経験豊富な40代以上の社員と言えます。つまり組織の潤滑油的な役割も40代転職者には期待されている役割なのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 新卒営業マンの不安と解消方法

    新卒営業マンの不安と解消方法

    ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し…
  2. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  3. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  2. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  3. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  4. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  5. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  6. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
ページ上部へ戻る