試用期間に辞める決断が固まったときの退職の手順【退職理由の例文つき】

試用期間に辞める決断が固まったときの退職の手順【退職理由の例文つき】

新卒で入った会社、転職して入った企業。夢と希望、意欲にあふれ入社したものの、試用期間・研修期間にどうも社内の雰囲気と合わない、続けていけそうにないと思った場合、不本意ながら退職という選択肢が頭をよぎります。

自分でも前向きに考えたし、ここで辞めると採用してくれた会社に迷惑をかけることになる、でもやっぱりこの会社ではやっていけないという結論に達した場合、会社にはどのような手順で退職の意思を伝えるべきなのでしょうか。

また、退職の意思を伝える前に準備しておくべきことはあるのでしょうか。ここでは試用期間中に辞めたいと思ったときに勧める手順と上司に伝える退職理由の例をご紹介します。

試用期間の退職を伝える前に押さえるべき4つのポイント

まずは試用期間に退職の意思を告げる前に押さえておくべき4つのポイントをご紹介します。

試用期間は、採用のミスマッチを防ぐための期間と割り切る

入社後、時間を置かずに退職を申し出ると「お前は根性がない」とか「そんな気持ちだと、どこの会社に行っても続かないぞ」と怒られる不安を持ってしまうかもしれません。そのため、退職の話を切り出すのにとても勇気がいりますよね。勤め始めたばかりの会社ですから、腹を割って話せるほどの同僚もいないはずです。

しかしながら、会社も「試用期間」と銘打っているのですから、必要以上に自己嫌悪や罪悪感を持つ必要はありません。もちろん褒められる話ではありませんが、よく考えて悩んだ末に出した結論なのですから、気持ちの面で負けないようにしましょう。

退職するという結論が出たら傷が深くないうちに意思表示を

自分の中で退職するという確固たる意思を持ったら、早めにその意思を会社に伝えましょう。「試用期間終了前に面談があるからその時に」などと後回しにすると、あなたが辞めることによって空いた席を埋めるために、会社が新たな人材の採用や育成もどんどん遅れてしまいます。会社に迷惑がかかる上に、あなた自身の意思が揺らいでしまったり、責任ある仕事を割り振られてもっと言い出しにくくなってしまったりします。

退職の意思を伝える前に今の会社と何が合わなかったのかを振り返ろう

「残業代が発生しない」「業務を過剰に押し付けられる」など、会社の体質自体がブラックの場合を除き、合う・合わないは相性の問題です。また、企業によっては面接のときは都合の良い話ばかりしていたのに、実際働き始めると全然違った職場環境だったということもあるでしょう。

今回のことを教訓にして、社風が合わなかったのか、上司との考え方が合わないのか、仕事内容が想像と違ったのか、その理由を整理してどんな会社だったら問題なく働けるのか、次の就職先を探すために生かしましょう。

次の就職先を探し始める

次の就職先を探しておくのもひとつの手段です。一般的に企業は試用期間中の退職を良く思わないので、早めの行動が肝心です。一人で企業探しから始めるのはなかなか厳しいときは、転職のプロである人材紹介会社に相談することも考えましょう。

参考:転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

試用期間に退職するための3つのステップ

試用期間に退職するための3つのステップ

①退職届を出す前にまずは口頭での相談を

退職自体は、退職する意思を記した「退職届」を提出すれば、会社は受け取らなければなりません。ただし、退職届を出したら即退職できるかといえばそうではなく、効力を持つまでに2週間の期間が必要となります。つまり労働者は、退職届を出して2週間経過したら退職できるのです。

これは「自主退職(任意退職)」といい、会社の同意や承諾は必要ありません。ですので「退職届を出したのに辞めさせてくれない」ということは法律上あり得ませんが、しかし同時に「自主退職をやっぱり辞めます」というのは通用しません。

また、会社によっては退職予告期間が定められていて、1か月のところが多いようです。しかし民法では退職予告期間は先に説明した2週間のため、極端な話、就業規則で退職予告期間が一ヶ月と決まっていても民法の方が優先されます。とはいえ、やはり就業規則に従うのは会社に迷惑を掛けないためのマナーともいえるので、自分の会社の退職予告期間については、事前に調べておきましょう。

少し話はそれましたが、だからといって、いきなり退職届を出すのはいくら試用期間とはいえ感心できるやり方ではありません。まずは「上司に相談」という形で、退職の意向を伝えましょう。

②慰留にあった場合の心の準備をしておく

相談の場では、「実際に会社に入ってみて合わないことがわかった、よくよく考えたが、退職したい」という結論に達したということを話します。多くの場合、上司から「もう少し頑張ってみて欲しい」「結論を出すのはもう少し後でも良いのでは」などと引き止められるでしょう。

ですので、面談の前に退職の意思を貫くためにも回答を準備しておきましょう。ですが、あまり多くのことをペラペラと話す必要はありません。「もう十分に考えた」「実際、ストレスで体調に支障をきたしている」「家族の同意も得ている」など、思いつきの行動ではないことを説明するにとどめましょう。なぜなら、多くを話し過ぎると相手に説得の糸口を与えてしまうからです。

③退職届の提出

先ほど「退職届を出したら会社の同意は必要なし」と書きましたが、実は退職にはもう1つ別の種類の退職があります。それは「合意退職」というものです。

合意退職は、有期契約において、期間満了前に労働契約を解消することをいいます。この場合は、契約の解消ですから契約者双方(労働者と会社)の合意が必要です。

いずれにせよ自主退職(任意退職)でも合意退職でも、最初にすべきは退職届(退職願)の提出です。これは本採用後・試用期間に関わらず同じです。

試用期間中の退職理由は「不本意ながら一身上の都合」が基本

会社が合わないから辞めたいと一口に言っても、その退職を決断するに至った理由は色々あるでしょう。中には会社としての常識を疑ってしまったり、ブラック企業なことがわかったなど、あなたのせいではない場合もあるかもしれません。

しかしながら退職理由は会社の批判をするのではなく、「自分には合わなかった」というスタンスで、あくまでも「自分の都合」にしておいた方が無難です。お見合いの断り文句ではありませんが「この会社のレベルに自分はついていけない」「会社の期待に応えられる自信が無い」という言い方も無難な理由です。ただし、退職届にそこまで書く必要はありません。書面に残すのは「一身上の都合」で十分です。

退職理由の例

例文(1)「社風や雰囲気が合わなくて辞めたい」ときの言い換え

入社前に勝手に想像していた社風と違っており、自分には合っていないと思いました。まだ試用期間中という立場にもかかわらず申し訳ございません。ただ、退職をするなら早い決断の方が、会社にも迷惑を掛けないと思い、お伝えさせていただきました。

本音の退職理由をそのまま伝えるのはNGです。上記例文のように、詳細は語らず退職の意思を伝えましょう。

例文(2)「想像していた仕事と違うので辞めたい」ときの言い換え

私には業務の幅が広すぎました。自分としては狭く深く専門的に進める業務の方が合っていると感じるので、まだ試用期間という立場で申し訳ありませんが、退職させていただきたいと思います

ストレートな表現は控えて、自分の都合だという論法で攻めましょう。

次の就職先にはもう少し具体的な理由を話しても良い

さて、試用期間に会社を辞めたからといって、その後は遊んで暮らせるわけではないはずです。次の就職先を探すことになるでしょう。

その際の採用面接ではほぼ100%の高い確率で、なぜ試用期間中に前の会社を辞めたのかを聞かれることでしょう。その際、退職するに至ったある程度の理由を話しても良いと思いますし、はっきりした理由があれば、感情的な理由で会社を辞めるような人間ではないということを説明できます。

また、転職や就職エージェントを活用すると、あなたの考え方や働き方に合った会社を紹介してくれたり、面談の際のアドバイスをもらえたりするので、そのようなところを利用するのも一つの前向きな手段です。当サイトの転職の人材紹介会社ランキングを参考にしてくださいね。

もう一つ、短い期間で会社を辞めた場合、履歴書にその職歴を書かないという手段もあります。嘘を書くのではなく、省略なので経歴詐称にはなりませんが、無職期間ができるので、書くか書かないかは慎重に考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…
  3. 仕事のモチベーションを上げる8つの方法

    なんとなく気分が乗らなくて会社に行きたくない、仕事のモチベーションが上がらない経験をしたことは誰しも…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  2. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
  3. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  4. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  5. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  6. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
ページ上部へ戻る