人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

会社を辞める「本音の」理由として、常に上位にランクインするのが人間関係の問題です。これまでは人間関係に悩んでも我慢したり、時間をかけて修正したりすることが常でした。しかしどうしても改善不可能なほどの価値のズレがある場合には、努力はただの無駄となってしまう可能性が高いため、時には「断捨離」を実行することも必要になります。転職が一般化していく中で、「より良い人間関係」を求めて居場所を変える人が増えています。


断捨離とは

断捨離とは、不要なものを捨てて、生活に調和をもたらそうとする考え方です。「断」は入ってくるいらないものを「断つ」、「捨」はすでにある不要なものを「捨てる」、「離」はものへの執着から「離れる」、という意味で、シンプルな生活を可能にするための思考法です。

通常これは散らかってしまいがちな家の中をどのように快適にシンプルにするか、という掃除法の一環として考えられたものでしたが、人間関係に応用することも可能です。


人間関係を断捨離する効果・メリット

人間関係を断捨離する効果・メリット特に都心では人の流れが激しく、多くの人と関わり、多くの人と別れるという、自分と相性の合う人とだけ付き合いを深める人間関係が構築されている場合が多いと思います。それでも会社に所属すると一定の固定的な人間関係があり、多少性格の不一致や相性が悪くても関わり続ける必要があり、それがストレスとなっていることも多くあります。そこで、人間関係を良好にするために断捨離の考え方が利用できます。

・大切な人の価値をより実感出来る

断捨離は、一見するとネガティブで冷たい考え方にも見えますが、「合わない人との関係を絶って、大切な人の価値をより実感する」というポジティブな意味もあります。

例えば、家族と過ごす時間を大事にしている人であれば、職場の人間関係に悩まされている状態が続くと、そのストレスから家族に愚痴ばかり言ったり、八つ当たりしてしまう原因にもなり、本来大事にすべきものにも悪影響を与えてしまいます。

しかし、環境を変えるなどして、職場で良好な人間関係を構築することができれば、家族関係も良好になる可能性があります。これは断捨離することで、大切にしたいものをより大事にできる例と言えます。

・ストレスを減らすことができる

あなたの人間関係の中には、一緒にいてリラックスできる友人や、些細なことでも笑い合える仲間、会うと元気をくれたり、前向きな気持ちにしてくれる先輩や後輩がいるでしょう。その一方で、連絡を取っているけど、性格が苦手な人や合わない人、実は嫌いな人もいると思います。

しかし、年齢を重ねていく中で経験する、就職や結婚などのライフイベントによって生活環境が変化すれば、それに伴って人間関係も大きく変わっていきます。つまり、皆とずっと同じ関係を続けていくことは困難なのです。最終的にずっと連絡を取り合う関係で残る人は、お互いが相手に対して価値を感じている人。そう思えば、今、不快な思いをしてまで付き合っている相手がいるのなら、断捨離することによってストレスを減らすことができます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  2. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…
  3. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  2. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  3. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  4. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  5. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  6. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
ページ上部へ戻る