視野が狭い人の6つの特徴(視野を広げる方法つき)

人生において、視野が狭いと先入観で物事を判断してしまったり、直感的に感じたことを全てだと捉えてしまい、様々な側面を見ようとせず、自らの大きな可能性を捨ててしまうことになります。視野が狭いということは、選べる選択肢も少ないということです。今回は、視野が狭いという語源の意味から特徴、改善策まで丁寧に解説していきたいと思います。

視野が狭いとは

例えば、仕事で「君は視野が狭いから、情報を上手くまとめられていない」と上司から言われたとします。このときに使われる視野が狭いという言葉は「物理的に視野が狭い」ということではありません。与えられた課題や質問に対して、理解力や意見する力が乏しいという意味合いで利用されます。

視野が狭い人の6つの特徴

視野が狭い人

理想論以外について話せない

視野が狭い人は、自分で考える理想論以外には柔軟に対応することができない特徴があります。仕事というのは、どのような問題が発生しても良いように先入観を捨てて、課題を解決するために遂行するべきです。視野が狭いと、自らの先入観によって、理想論しか話さないため、周囲の人から話が進まない人だと思われる傾向があります。

自己中心的で、人の話を聞かない

自分の意見を主張するばかりで他人の意見を聞かない人は、視野が狭いと言えるでしょう。世の中は自分の都合が良いように回っているわけではありません。時として、他人の意見を尊重し、その場を譲らなければならない場面はたくさんあります。相手の意見を聞く素直さがあるからこそ、人間は、自分以外の人から学び、成長します。視野が狭い人は、自分の尺度こそが正解だと考える傾向があるため、他人の行動から学ぶという姿勢が欠落していると言えるでしょう。

様々な物事を多様な視点から眺めることができない

人間というのは、長年人生を歩んできた経験から、それぞれ固有の癖を持っています。例えば、自己中心的な考え方をする人は、常に自分本位な考え方をします。一方で、広い視野を持って行動できる人は、常に様々な情報を収集し、そのなかから最良と思われる選択肢を選び出すことができます。視野が狭ければ、自分が間違った行動をしていても、たくさんの情報から見比べることができないため、間違っていることにすら気づかないことが多いのです。このような人は、他人の行動や意見に素直に耳を傾ける努力が必要です。

多様な価値観が受け入れられない

視野が狭い人は、自分の認知から様々な物事を限定したがります。例えば、「このような問題が発生したとき、○○で解決すべきだ。」「この問題を解決するためには、○○以外の選択肢はない。」ということを言います。人間というのは、生き方によって多様な考え方をします。1000人いれば、1000通りの考え方があるように、視野を広げれば、魅力的なアイデアは湧いて出てくるほどあるでしょう。狭い視野で生きれば、自分の知っている道だけ歩くことができるため、安心で楽なのかもしれませんが、心を開放すれば今よりも楽しい人生が歩めるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  3. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  2. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  3. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  4. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  5. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  6. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
ページ上部へ戻る