ワイシャツの色によって相手から見える「自分の印象」が変わる

ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことをご存知でしょうか?ワイシャツの色でどういう印象を与えているのか、まとめてみました。


赤色・・・情熱的、活動的、闘争心

赤シャツ

ピンク色・・・優しさ、若々しい

ピンクシャツ

黄色・・・好奇心、向上心、幸福、カジュアル

黄シャツ

オレンジ色・・・解放感、親しみやすい、自由

オレンジシャツ

緑色・・・自然、穏やか、平和、強調

緑シャツ

青色・・・冷静、誠実、爽やか、知性

青シャツ

紫色・・・高貴、優雅、気品、崇高

紫シャツ

灰色・・・不安、憂鬱、都会的

グレーシャツ

白色・・・清潔、潔い、美しい、純粋

白シャツ

黒色・・・男性的、高級感、沈黙

黒シャツ

このように、色を変えるだけで相手に与える印象はそれぞれ変わってきてしまうのです。ビジネスシーンではこれらの色の特徴を考慮して、相手の失礼に当たらないような色を選ぶようにしましょう。例えば、白色や青色は清潔さや誠実さを演出できるため、信頼感を得やすくなります。そのため、基本的なビジネスマナーとしては白、もしくは薄い水色のワイシャツを着るようにしましょう。

色だけでなく柄にも注意!

ビジネスマナーとしては色だけでなく、柄にも注意が必要です。例えば、襟に柄が入っているようなものは、オシャレではあるもののビジネス用としてはあまり効果的ではありません。軽い印象を与えてしまう可能性があるので気を付けましょう。また、これくらいなら・・・と、ついやってしまいがちなのは、ボタンの穴に色が付いているワイシャツです。

少しだけだし大丈夫と感じるかもしれませんが、あまり良い印象は与えることが出来ないでしょう。ワイシャツで柄のものを着るならば、ストライプが一番爽やかでスッキリとした印象を与えてくれます。しかし、ストライプの幅が広かったり、ストライプの間隔が狭いものは、スッキリとした印象よりもカジュアルさが勝ってしまうので注意する必要があります。


社風によってワイシャツの色・柄を使い分ける

社風で必ず白もしくは薄い水色の無地のワイシャツ着用が決まっているところでは、その社風に従うべきなのですが、特に決まりがない場合は、ストライプや薄いピンク色のワイシャツを着ても良いでしょう。しかし、取引先との挨拶や会議など、ビジネスにおいて大切な場面では、白や薄い水色でシンプルなものを着た方が相手にも好印象を与えられやすくなります。ワイシャツを使い分けていき、ビジネスマナーとして恥ずかしくないワイシャツを着用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…
  2. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…
  3. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  2. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  3. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  4. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  5. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  6. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
ページ上部へ戻る