ワイシャツの色によって相手から見える「自分の印象」が変わる

ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことをご存知でしょうか?ワイシャツの色でどういう印象を与えているのか、まとめてみました。


赤色・・・情熱的、活動的、闘争心

赤シャツ

ピンク色・・・優しさ、若々しい

ピンクシャツ

黄色・・・好奇心、向上心、幸福、カジュアル

黄シャツ

オレンジ色・・・解放感、親しみやすい、自由

オレンジシャツ

緑色・・・自然、穏やか、平和、強調

緑シャツ

青色・・・冷静、誠実、爽やか、知性

青シャツ

紫色・・・高貴、優雅、気品、崇高

紫シャツ

灰色・・・不安、憂鬱、都会的

グレーシャツ

白色・・・清潔、潔い、美しい、純粋

白シャツ

黒色・・・男性的、高級感、沈黙

黒シャツ

このように、色を変えるだけで相手に与える印象はそれぞれ変わってきてしまうのです。ビジネスシーンではこれらの色の特徴を考慮して、相手の失礼に当たらないような色を選ぶようにしましょう。例えば、白色や青色は清潔さや誠実さを演出できるため、信頼感を得やすくなります。そのため、基本的なビジネスマナーとしては白、もしくは薄い水色のワイシャツを着るようにしましょう。

色だけでなく柄にも注意!

ビジネスマナーとしては色だけでなく、柄にも注意が必要です。例えば、襟に柄が入っているようなものは、オシャレではあるもののビジネス用としてはあまり効果的ではありません。軽い印象を与えてしまう可能性があるので気を付けましょう。また、これくらいなら・・・と、ついやってしまいがちなのは、ボタンの穴に色が付いているワイシャツです。

少しだけだし大丈夫と感じるかもしれませんが、あまり良い印象は与えることが出来ないでしょう。ワイシャツで柄のものを着るならば、ストライプが一番爽やかでスッキリとした印象を与えてくれます。しかし、ストライプの幅が広かったり、ストライプの間隔が狭いものは、スッキリとした印象よりもカジュアルさが勝ってしまうので注意する必要があります。


社風によってワイシャツの色・柄を使い分ける

社風で必ず白もしくは薄い水色の無地のワイシャツ着用が決まっているところでは、その社風に従うべきなのですが、特に決まりがない場合は、ストライプや薄いピンク色のワイシャツを着ても良いでしょう。しかし、取引先との挨拶や会議など、ビジネスにおいて大切な場面では、白や薄い水色でシンプルなものを着た方が相手にも好印象を与えられやすくなります。ワイシャツを使い分けていき、ビジネスマナーとして恥ずかしくないワイシャツを着用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  2. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  3. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  2. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  3. 社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人と…
  4. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
  5. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  6. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
ページ上部へ戻る