感受性が強い人の5つの特徴

3.他人の気持ちを察する能力が高い

感受性が強い人は、声や表情・仕草など、相手の微妙な感情の変化を感じ取りやすいため、人の気持ちを察して思いやることができます。

言葉で表現されていなくとも、相手の意向を理解し、相手の立場になって考えたり、行動することができることから、気遣いのある対応ができたり、相手の心をなごませる言葉を伝えることができます。

感受性の強い人は、気配り上手で、空気を読める人でもあるのです。

4.感情移入しやすく、相手の影響を受けやすい

人の気持ちを察し、寄り添うことができる感受性の高い人は、さらに相手の気持ちが影響して感情移入してしまいやすい一面もあります。感化されやすいのは、プラスの感情のみならずマイナスの感情でも起こり、喜怒哀楽すべてに影響してしまいます。

人の喜びを一緒に喜び、人の悲しみを自分ごとのように悲しむ、悩みや怒りも伝染しやすい、良い影響も悪い影響も受けやすいということです。極端な話をすれば、洗脳されやすいとも言えるでしょう。そのため、感受性が強い人は、狭い人間関係にどっぷり漬かるのはあまりお勧めしません。浅く広くの人間関係を築くように心がけましょう。

5.インプットとアウトプットのバランスがとりにくい

感受性が強いと、外的刺激や人の表情・気持ちを敏感に感じ取るインプット面が発達している反面、自分の発言が相手に与える影響を過度に考えてしまって、意見を伝えないまま、腹に納めてしまう傾向があります。

相手の気持ちを必要以上に理解することから、人の心を乱す行為を意識的に避けてしまうのです。

また、インプットが多く、想像して色々考え込んでしまうのに、アウトプットが少ないと、神経が疲れてしまい、これ以上インプットを増やさないために、引きこもってしまったり、人付き合いが怖くなってしまうことがあります。

ある日、突然限界を超えてしまうことがないように、普段から外的刺激が少ない、静かな環境に身を置く時間を作ってみるなど、インプットを抑制できる機会を意識的に設けたり、ヨガやスポーツなど運動をして頭の中をリセットするなど、神経を休めさせる習慣を取るよう、心がけることが大切です。

感受性の強さを長所にしよう

感受性が強い人は、相手の気持ちを理解し、細やかな気遣いができる長所のある反面、人一倍、精神的なプレッシャーやストレスを感じやすいことについて解説してきました。

感受性の強さは決して短所ではありませんが、マイナスに捉えてしまう人も多々います。人付き合いを円滑にできる特性は、誰しもが持っている能力ではありません。その資質を生かすことができれば、仕事は今以上に上手くいくはずです。

自分のコンプレックスを一つの個性として受け止めることが、豊かな人生を送る第一歩になるでしょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…
  2. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  2. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  4. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  5. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  6. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
ページ上部へ戻る