感受性が強い人の5つの特徴

感受性が強い人の5つの特徴

あなたは「感受性が強い」と言われたことがありますか?「感受性」を構成する漢字を見る限りでは、何かを感じ取る性質が強い印象がありますが、正確な意味はどういうことを表しているのでしょうか?また、感受性が強い人は、普段の行動にどのような特徴があるのでしょうか。

感受性が強いとは

感受性とは、自分を取り巻く周囲の変化に対する刺激や印象を敏感に感じ取り、興奮しやすい性質のことを意味します。

例えば、他人の言葉や態度の変化、音やニオイなどの刺激が、通常よりも敏感に感じてしまいます。普通の人なら気にならない程度の雑音でも、感受性が強いと、その音が耳についたり、小説やドラマの登場人物に感情移入しやすかったりと、相手の発した言葉の意味について、いつまでも心に残ってモヤモヤしてしまったりする傾向が強くなるのです。

よく気が付く、耳(目・鼻)がいい、思いやりがある印象を与える一方で、神経質な人だと思われてしまうこともあります。

感受性が強い原因

感受性が強い人を指す「ハイリー・センシティブ・パーソン=Highly Sensitive Person(HSP)」という言葉があります。HSPは病気ではなく、遺伝的な特性であり、日本人の6人に1人の割合で存在すると言われています。

視覚や聴覚などの五感はもちろん、身の回りの些細な変化でも鋭敏に感じ取ってしまいます。また、刺激や影響を過剰に受けてしまうことから、神経が疲れやすい傾向があるとも言われているのです。

感受性が強い原因は、遺伝的な特性のほかにも、幼少期に親の子に対する関心が異常に薄かったり、逆に干渉が強すぎたりしても、トラウマになってしまい、子の感受性が過敏になってしまうという場合もあるようです。

感受性が強い人の特徴

感受性が強い人の特徴

1.音・光・ニオイなどの外的刺激に敏感

人込みのザワザワや突然の大きな音、奇声などに敏感に反応してしまい、気持ちが落ち着かなかったり、イライラしてしまう。仄かに香る臭いが鼻について、気分が乱れたり、集中力を切らせたりする。周りの人が気づかないような僅かな振動に察知するなど、外的刺激に対してとても敏感です。

また、敏感なだけでなく、その刺激に影響を受けてしまうのも特徴の一つ。むしろ外的刺激による影響が強いことのほうが、感受性が強い人の顕著な特性であるともいえます。

2.感性が鋭く、芸術的才能に恵まれている

感受性が強い人は、同じものを見たり聞いたりしていても、人より多くの刺激を感じてしまいます。そのため、絵画や音楽、文章などクリエイティブな方面で、独自性を発揮することができます。

物事に触れたときの捉え方が多彩であり、センスとして表現することができるため、感性を発揮して個性的な作品を生み出すことも得意です。

作品を鑑賞するときも、アンテナが敏感なことから、より深く世界観を味わうことができ、独自の観点から評価ができたり、芸術作品から良い刺激を多く受ける機会にも恵まれています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. 営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    みなさんはクロージングという言葉をご存知でしょうか。そもそも何の用語かもわからないといった方もいらっ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  2. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  3. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  4. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  5. 同業他社や他業種と比較しても、給料水準が非常に高いと言われている野村証券。日本を代表する證券会社では…
  6. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
ページ上部へ戻る