年功序列の会社で働くメリットとデメリット

昔に比べると徐々に変化しつつあるとは言え、日本では年功序列制度の残る企業はまだまだ多いと言えます。若い世代のビジネスマンにとって、こうした制度の残る企業はあまり魅力的だとは言えず、成果主義の企業を志望する人も多いはずです。年功序列制度の残る会社で働くことは望ましくない、そう感じる人が多いかもしれませんが、そこにはデメリットだけでなくメリットがあることも忘れてはいけません。年功序列制度のデメリットは分かるものの、メリットって何?と感じる人の為にも、ここではメリット・デメリット、両方の側面から年功序列の制度についてお話していきたいと思います。


年功序列制度とは

年功序列とは読んで字の如く、勤続年数や年齢に応じて役職やお給料があがる制度のことになります。古くから会社にいる人から順に立場が上となることがほとんどで、立場が上であることから給与の面なども勤続年数の長い人ほど多いことになります。

長く勤務することはすなわち、スキルを保有している事、知識や経験などが豊富であること、意味することになり、そうした経験に基づくスキルや知識に対する評価が高いのがこの制度の評価基準だと言えます。古くから日本ではこの年功序列制度を採用している企業が多く、特に大企業などにその傾向が顕著に見られます。今でもこうした制度が残っている、また制度自体はなくてもそうした風潮である企業は非常に多いはずです。


年功序列制度のメリット

年功序列制度と聞くとあまりメリットが感じられない印象を受ける人が多いと思いますが、これもそれぞれの立場によって感じ方は様々だと言えるかもしれません。例えば入社したての新入社員なのか、勤続年数が長いベテラン社員なのかでも受ける印象大きく変わります。

年功序列制度によって得られる将来的な安心はこの制度による大きなメリットだと言えるはずです。長く勤務することで役職が上がりそれによって給与なども上がることは、大きな魅力だと感じる人が多いはずです。成果主義であれば、能力のない人、結果が出せない人は長く勤務しても待遇が良くなるわけではありません。年功序列制度であれば長く勤務すれば将来的な安心を得られることになり、人によっては大きな魅力となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 上司に送るお礼メールの書き方【例文集】

    仕事で円滑なコミュニケーションを図るためには、上司と密に連携を取ることは必須といえます。そのなかで電…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  2. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  3. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  4. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  5. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  6. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
ページ上部へ戻る