年功序列の会社で働くメリットとデメリット

昔に比べると徐々に変化しつつあるとは言え、日本では年功序列制度の残る企業はまだまだ多いと言えます。若い世代のビジネスマンにとって、こうした制度の残る企業はあまり魅力的だとは言えず、成果主義の企業を志望する人も多いはずです。年功序列制度の残る会社で働くことは望ましくない、そう感じる人が多いかもしれませんが、そこにはデメリットだけでなくメリットがあることも忘れてはいけません。年功序列制度のデメリットは分かるものの、メリットって何?と感じる人の為にも、ここではメリット・デメリット、両方の側面から年功序列の制度についてお話していきたいと思います。


年功序列制度とは

年功序列とは読んで字の如く、勤続年数や年齢に応じて役職やお給料があがる制度のことになります。古くから会社にいる人から順に立場が上となることがほとんどで、立場が上であることから給与の面なども勤続年数の長い人ほど多いことになります。

長く勤務することはすなわち、スキルを保有している事、知識や経験などが豊富であること、意味することになり、そうした経験に基づくスキルや知識に対する評価が高いのがこの制度の評価基準だと言えます。古くから日本ではこの年功序列制度を採用している企業が多く、特に大企業などにその傾向が顕著に見られます。今でもこうした制度が残っている、また制度自体はなくてもそうした風潮である企業は非常に多いはずです。


年功序列制度のメリット

年功序列制度と聞くとあまりメリットが感じられない印象を受ける人が多いと思いますが、これもそれぞれの立場によって感じ方は様々だと言えるかもしれません。例えば入社したての新入社員なのか、勤続年数が長いベテラン社員なのかでも受ける印象大きく変わります。

年功序列制度によって得られる将来的な安心はこの制度による大きなメリットだと言えるはずです。長く勤務することで役職が上がりそれによって給与なども上がることは、大きな魅力だと感じる人が多いはずです。成果主義であれば、能力のない人、結果が出せない人は長く勤務しても待遇が良くなるわけではありません。年功序列制度であれば長く勤務すれば将来的な安心を得られることになり、人によっては大きな魅力となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  2. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  3. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  2. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  3. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
  4. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  5. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  6. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
ページ上部へ戻る