顧客との距離を近くする自己紹介シートの作り方

多くの人やお客様に接する職業では、「自己紹介シート」というものを利用している人がいますが、これはお客様にとって不審感を払拭する大きな材料の一つとなります。「何者かわからない人」と話すのと「こんな人なんだ」と知った上で話すのでは大きな違いがあります。そういった部分で、自己紹介シートはとても重要なアイテムとなります。


①顔写真を載せて覚えてもらおう

第一印象まずは自己紹介シートの基本として、顔写真を載せる様にしましょう。多少抵抗はあるかも知れませんが、これはお客様に顔を覚えてもらうのには一番効果があります。たくさんいる営業の中でも顔を覚えてもらうことは、その後の強みにもなりますし、ライバルに差をつけることも可能です。さらには、二回目以降の訪問の際に、顔を忘れてしまっている場合もあるので、こうした顔写真を載せることによって、そうした問題も減らすことができるのです。

名前も顔も分からない営業マンと話すのは、お客様にとっては不安や不信感が生まれやすいものです。そのどちらもこの自己紹介シートで解消できるので、とても有効に使用できるものです。もちろん顔写真は職業にあった雰囲気で撮ったものや、笑顔の写真だと好印象をもたれやすくなっています。服装をしっかり整えて自然な顔で撮影しましょう。


②目的は会社の宣伝ではなく自己紹介であること

自己紹介もちろん自己紹介シートには会社の名前やちょっとした紹介は載せますが、それがメインではありません。会社紹介は簡単に1・2行程度にし、あくまでも自分の紹介をメインにするように注意しましょう。会社紹介が多くなってしまうと、会社のチラシのようになってしまい、押しつけがましい印象を持たれてしまう事もあるのです。

自己紹介の部分では名前を大きく書き、振り仮名を振って目立つようにします。そのほかに、自分の性格や趣味などを記入します。趣味の部分ではできるだけたくさん書いておくと、お客様との共通点を見つけるための幅が広がります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    会社で同じ業務を担当していたり、社内のポジションが自分と変わらないのに、なぜか上司からえこひいきされ…
  3. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 銀行員は仕事に対する正確性や対外的信頼性が特に求められる職種ですから、専門的知識を有している証しとな…
  2. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
  3. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  4. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  5. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  6. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
ページ上部へ戻る