自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自分自身で振り返り、やり遂げたことに自信をつけたり、失敗したことを反省することによって、成長に繋げるため。

しかしながら同じような成果でも、自己評価が高い人と低い人に分かれることがあります。自己評価は正しく自分を評価することが大切。高すぎても低すぎても良くありません。今回は、自己評価が高い人の特徴と低い人の特徴についてご紹介して参ります。

自己評価が高い人の5つの特徴

自己評価が高い人の5つの特徴

まずは自己評価が高い人の特徴から見ていきます。自己評価が高い人に共通する特徴は次のようなものがあげられます。

1.他人を見下す傾向がある

自己評価が高い人は、自分が一番優れていると思い込む傾向があります。そのため自己評価が高い人は、他人が自分より劣っているものとして下に見てしまいがちな特徴があります。

なお、自己評価の高い人が周囲を見下すのは、周りと比較して本当に優れた実力を備えた確証があるからかといえば、実はそうではありません。つまり能力差は関係ないのです。相手が仕事のできるベテラン上司であったとしても、初対面の人でも、根拠なく多くの他人は自分よりも下だと決めつけてしまいます。自己評価が高い人は、他人は自分より劣っているという意識が、相対的に自分に対する高い評価へとつながっているのです。

2.プライドが高く、自尊心が強い

自己評価が高い人は、プライドが高い人と共通した特徴があります。プライドが高いことはマイナスイメージを持たれがちですが、必ずしもそうではありません。プライドの高さは、言い換えれば自信の表れ。完璧主義であり、また他人よりも優位に立っていたいという自尊心が強いため、自分に対する評価も高くなる傾向に。

問題は、自分が努力して何かを勝ち得たことでプライドを高める人ではなく、出身や生まれた家柄などの環境面や条件を理由にプライドが高くなる人。正当な判断基準に則らず、感情を優先させて自己評価を高くしてしまうのです。

3.根拠のない自信を持っている

自己評価の高い人は「できない」「無理です」などの否定的な言葉をあまり使用しません。初めて経験するようなことでも、自己評価が高い人の一言目の返事はいつも「できます」「大丈夫です」になってしまいがち。

自分一人で最後までやり遂げられる自信と強い責任感から出る発言ですが、その言葉を信じて任せてしまうと後で大きなトラブルを招く事態になることも。間違った自信は失敗を生み、後で自分に返ってきます。分からないことやできないことは素直に相談する姿勢が大事です。

4.仕事でミスしても立ち直りがとても早い

自己評価が高い人は、失敗やミスの根本的な原因が自分にあるとは思いません。仕事上のミスや失敗について落ち度があっても自分のせいではないと思い込んだり、深刻に受け止めることなく開き直ってしまいます。

しかし重く受け止めないことから立ち直りも早く、狼狽えることなく何度も挑戦できる特徴ももっています。人間は失敗を振り返り、反省することで成長できるため、挑戦するたびに同じ失敗を繰り返してしまうことも。

5.自分をアピールするのが上手い

自己評価が高い人は自信を強く持っているため、積極的に自分の強みや長所を売り込めるアピール力が抜きん出ています。アピールされた相手からすると、たとえ根拠のない自信でもその熱意は買いたいと思うもの。社会では自分をうまく表現できる人のほうが何かと得をすることが多いのです。

実力の有無に関わらず、自分を売り込める人はチャンスが回ってくる確率もぐんと上がるでしょう。あとはそのチャンスを生かすために地道に努力するのみです。

自己評価が低い人の5つの特徴

自己評価が低い人の5つの特徴

次に自己評価が低い人の特徴をご紹介していきます。

1.自分に厳しい

自己評価が低い人に共通する特徴としてまず挙げられるのは、自分に対して厳し過ぎるところです。能力が劣っている訳でも出来が悪い訳でもないのに、完璧主義で生真面目な一面があるため、成果や実績に対して自分を過小評価してしまいます。

ちょっとしたミスや失敗でも自分が許せないため、自分を責める機会が自ずと増えて、その結果、自分に対する評価も下がってしまうことになります。

2.否定的に考える

自己評価が低い人は、ものごとをネガティブに考えます。「どうせ」「だって」「無理だ」「でも」「嫌だ」などの否定語を頻繁に使ってしまいます。マイナス思考がゆえに否定語ばかりが口から出るのですが、たとえ成功した時であってもそれを素直に喜べず、反省点や改善点を探そうとしてしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文

    商談後にお客様へお礼の手紙やメールを出す以上、やはりお客様との関係を更に良好にしたいものですし、次の…
  2. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…
  3. 「仕事が評価されない」転職理由は通用するか

    面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  2. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  3. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  4. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  5. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  6. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
ページ上部へ戻る