長い通勤時間を有効活用してできる自己啓発2選

最近では、ビジネスの幅を広げるために自己啓発に取り組んでいるサラリーマンが増えてきているそうです。そして、自己啓発の最適な時間は通勤時間だと言われています。

自己啓発とは

自己啓発とは、「本人の意思により能力向上や精神的な成長を目指す事」という意味です。どのような行為が自己啓発になるのか、いくつか例を挙げます。

・読書
・資格取得
・講演会やセミナーの参加
・コーチングやカウンセリングを受ける
・異業種交流会への参加

このように、学習する事が自己啓発の行為に当てはまります。しかし、学ぶ事の全てが自己啓発というわけでなく、自己啓発へ繋げるには何を学ぶのかが重要です。自己啓発でスキルを向上していく事で業績が上がり、収入が上がったというケースも少なくはありません。

通勤時間を有効活用しよう

朝の通勤は大変ですし、少しでも休みたいと思って仮眠を取る方も多いでしょう。しかし、通勤時間こそ自己啓発活動のチャンスです。サラリーマンは仕事が忙しいため、自己啓発活動の時間が限られてしまいます。

自己啓発活動のモチベーションを保つ意味でも、通勤時間が無理なく一番効率よく活動出来ると言えるのです。通勤時間がほんの数十分だったとしても、その時間を有効活用する事で有利な時間へと変化させる事が出来ます。さらに、仕事の意欲も維持した状態で会社へ出勤する事が集中して仕事をする事が出来ます。

おすすめの自己啓発活動1:読書

通勤時におすすめの自己啓発活動は読書です。まず、読書は誰でも手軽に出来る自己啓発活動になります。仕事に関するビジネス書籍などを読めば能力的なのはもちろんの事、精神的な成長にも繋がるでしょう。人間関係をうまく築きたいのであれば、心理学の書籍がおすすめです。

仕事にはチームワークも重要ですので、心理学を学ぶ事で苦手だった人とも打ち解けるチャンスを掴む事が出来ます。また、読書を通して文字を読む事で文章力の向上も見込めます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  2. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  3. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  2. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
  3. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  4. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  5. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  6. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
ページ上部へ戻る