長い通勤時間を有効活用してできる自己啓発2選

最近では、ビジネスの幅を広げるために自己啓発に取り組んでいるサラリーマンが増えてきているそうです。そして、自己啓発の最適な時間は通勤時間だと言われています。

自己啓発とは

自己啓発とは、「本人の意思により能力向上や精神的な成長を目指す事」という意味です。どのような行為が自己啓発になるのか、いくつか例を挙げます。

・読書
・資格取得
・講演会やセミナーの参加
・コーチングやカウンセリングを受ける
・異業種交流会への参加

このように、学習する事が自己啓発の行為に当てはまります。しかし、学ぶ事の全てが自己啓発というわけでなく、自己啓発へ繋げるには何を学ぶのかが重要です。自己啓発でスキルを向上していく事で業績が上がり、収入が上がったというケースも少なくはありません。

通勤時間を有効活用しよう

朝の通勤は大変ですし、少しでも休みたいと思って仮眠を取る方も多いでしょう。しかし、通勤時間こそ自己啓発活動のチャンスです。サラリーマンは仕事が忙しいため、自己啓発活動の時間が限られてしまいます。

自己啓発活動のモチベーションを保つ意味でも、通勤時間が無理なく一番効率よく活動出来ると言えるのです。通勤時間がほんの数十分だったとしても、その時間を有効活用する事で有利な時間へと変化させる事が出来ます。さらに、仕事の意欲も維持した状態で会社へ出勤する事が集中して仕事をする事が出来ます。

おすすめの自己啓発活動1:読書

通勤時におすすめの自己啓発活動は読書です。まず、読書は誰でも手軽に出来る自己啓発活動になります。仕事に関するビジネス書籍などを読めば能力的なのはもちろんの事、精神的な成長にも繋がるでしょう。人間関係をうまく築きたいのであれば、心理学の書籍がおすすめです。

仕事にはチームワークも重要ですので、心理学を学ぶ事で苦手だった人とも打ち解けるチャンスを掴む事が出来ます。また、読書を通して文字を読む事で文章力の向上も見込めます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  2. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  3. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  2. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  3. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  4. 昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの…
  5. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  6. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
ページ上部へ戻る