証券会社の内定を勝ち取る有利な資格8選

証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会社の年収は、全業種の中でも高水準であり、やりがい・収入面共に非常に魅力のある仕事といえます。ですが証券会社の求人倍率は高く、非常に狭き門となっています。今回は、内定を勝ち取る、証券会社への転職や就職を有利に導くための資格をご紹介していきます。

①証券外務員資格二種

難易度
合格率 60%
概要 公社債・投資信託・株式の現物取引を行う外務員職務を行うことができる
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約30時間
出題形式 合計70問(◯×方式:50問、五肢選択方式:20問)

②証券外務員資格一種

難易度 ★★
合格率 40%
概要 信用取引・先物・オプション取引など有価証券取引に係る外務員職務を行うことができる
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約45時間
出題形式 合計100問(◯×方式:70問、五肢選択方式:30問)

③変額保険販売資格

難易度 ★★
合格率 80%
概要 生命保険のうちの「変額保険」の募集販売に必要な知識を習得するための資格
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約40時間
出題形式 マークシート形式で、合否基準は70点以上

④ファイナンシャルプランナー(AFP)

難易度 ★★★
合格率 約40%
概要 ファイナンシャル・プランニングを行うために必要な「ライフプラン・金融・証券・保険・年金・ローン・不動産・税制等」の基本知識を有することを証明する資格
有利な職種 リテール営業、法人営業
学習時間 約100時間

⑤ファイナンシャルプランナー(CFP)

難易度 ★★★★
合格率 6課目一発合格:5〜10% 各課目毎合格:30〜40%
概要 世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるファイナンシャルプランナーとして、高度な知識と経験を有し、あらゆる顧客ニーズに対し適切なアドバイスとプランの提示ができるプロフェッショナルに与えられる資格
職種 リテール営業、法人営業
学習時間 約150時間(AFPの学習時間と合わせると250時間)
出題形式 マークシート方式 50問

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…
  2. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  3. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  2. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  3. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  4. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  5. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  6. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
ページ上部へ戻る