証券会社の内定を勝ち取る有利な資格8選

証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会社の年収は、全業種の中でも高水準であり、やりがい・収入面共に非常に魅力のある仕事といえます。ですが証券会社の求人倍率は高く、非常に狭き門となっています。今回は、内定を勝ち取る、証券会社への転職や就職を有利に導くための資格をご紹介していきます。

①証券外務員資格二種

難易度
合格率 60%
概要 公社債・投資信託・株式の現物取引を行う外務員職務を行うことができる
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約30時間
出題形式 合計70問(◯×方式:50問、五肢選択方式:20問)

②証券外務員資格一種

難易度 ★★
合格率 40%
概要 信用取引・先物・オプション取引など有価証券取引に係る外務員職務を行うことができる
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約45時間
出題形式 合計100問(◯×方式:70問、五肢選択方式:30問)

③変額保険販売資格

難易度 ★★
合格率 80%
概要 生命保険のうちの「変額保険」の募集販売に必要な知識を習得するための資格
有利な職種 リテール営業、法人営業
想定学習時間 約40時間
出題形式 マークシート形式で、合否基準は70点以上

④ファイナンシャルプランナー(AFP)

難易度 ★★★
合格率 約40%
概要 ファイナンシャル・プランニングを行うために必要な「ライフプラン・金融・証券・保険・年金・ローン・不動産・税制等」の基本知識を有することを証明する資格
有利な職種 リテール営業、法人営業
学習時間 約100時間

⑤ファイナンシャルプランナー(CFP)

難易度 ★★★★
合格率 6課目一発合格:5〜10% 各課目毎合格:30〜40%
概要 世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるファイナンシャルプランナーとして、高度な知識と経験を有し、あらゆる顧客ニーズに対し適切なアドバイスとプランの提示ができるプロフェッショナルに与えられる資格
職種 リテール営業、法人営業
学習時間 約150時間(AFPの学習時間と合わせると250時間)
出題形式 マークシート方式 50問

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  2. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  3. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  2. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  3. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  4. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  5. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  6. 【ビジネスマン必見】読み間違いしやすい漢字20選
    間違うと恥ずかしい!読み間違いしやすい漢字20選 それでは、ビジネスシーンで使う機会の多い漢字のな…
ページ上部へ戻る