ビジネス用語「スキーム」の意味と使い方

皆さんは「スキーム」という言葉をどのような場面で、どのような意味として使っておられるでしょうか。実はこの「スキーム」、ある言葉との違いを明確に理解することが、言葉の意味の本質を理解する上でのカギとなってきます。ではどのような言葉との違いを理解すれば良いのかについては記事の中でご紹介して参りますが、ただ漫然と記事を読むだけでは、記事内容を知識として定着させにくいものです。

日頃どのような場面で「スキーム」を使用しているかよく思い起こしながら読んで頂くと、記事も理解しやすくなりますし、何より特に間違って使用していた場合に正しい意味が定着しやすくなりますので、ぜひ自身の使用方法を思い起こしながら、記事を読むようにしてください。

スキームとは

まずは「スキーム」の辞書上の意味から確認することにしましょう。

スキーム・・・・計画、仕組み、体系、構成、企て、陰謀 等

このような意味があります。結構色々な意味があることに驚かれた方もいると思います。

しかしながら心配には及びません。「スキーム」には確かに「陰謀」といった悪意が伴う企ての意味合いもあるのですが、日本のビジネスシーンにおいては「陰謀」や「企て」といった意味で使用されることはまずありません。従って「計画」や「仕組み」といった意味で理解しておけば良いと言えます。

「事業スキーム」=「事業計画」=「事業プラン」?

「スキーム」は単独で用いられる場合もありますが、例えば「事業スキーム」や「返済スキーム」といった具合に、名詞との組み合わせで用いられることもしばしばあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  2. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  3. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  2. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  3. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  4. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  5. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  6. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
ページ上部へ戻る