新入社員の理想的な貯金額と貯蓄方法2選

新入社員として社会人生活をスタートさせるということは、親から経済的な独立を果たし、自立した生活をスタートさせることを意味します。貯金や貯蓄もせず受け取った給料をだらだらと浪費してしまえば急な出費が伴った場合、たちどころに生活がピンチになりますし、例えば結婚資金など将来に向けた生活設計もできません。

新入社員として社会人生活をスタートさせたなら、給与から一定額を貯金することで将来に向けた人生設計を実現できるよう努力することが大切です。そこで今回は新入社員として理想的な貯金額はどれくらいであり、また新入社員として有効な貯蓄方法などを紹介することに致します。

手取り給料のバランスから考えて2割は貯蓄に回したい

大卒新入社員の額面給料はだいたい20万円から22万円程度ですから、手取り給料、即ち実際に受け取ることができる給料はおよそ16万円から17万円程度になります。貯蓄に回せるお金はもちろん手取り給料からとなりますので、とりあえず初年度のボーナス支給は考えないで月度の手取り額をベースに理想的な貯蓄額を考えてみることにしましょう。

月に3万円は貯金する

仮にワンルームマンション等賃貸住宅に住んでいると仮定した場合、家賃がだいたい5万程度とすると残りは11万円から12万円程度となります。ここから水道光熱費、毎月の食費、スマホ等の通信料で計7万円~8万円を支出したとします。すると残りは4万円程度となりますが、ここから遊興費や交際費として1万円程度支出した場合、残りの額は3万円前後となります。

つまり、新入社員の手取り給料の実体を踏まえた場合には、親元から会社に通勤しているといった恵まれた条件の社員を除けば手取り給料の「2割」程度、つまり3万円から4万円弱程度を貯蓄に回せれば理想的な金額と言えます。

また、親元から通勤しているという新入社員なら多少給料を親に差し入れするとしても、一人暮らしをしている場合より更に3万円から4万円程度は多く手元にお金を残せると考えられますので、そのような好条件の新入社員の理想的貯金額は7万円から8万円程度と言えます。

ちなみに明治安田生命で新入社員を対象としたアンケート結果(2016年度)では、新入社員の目標貯蓄額の平均は約5万3千円でした。今回ご紹介した一人暮らしと親元からの通勤の二パターンの平均額に近い金額であり、多くの新入社員が理想的な貯蓄額を目標としている点は頼もしい限りです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…
  2. 一次面接と二次面接の違い・特徴

    就職試験において行われる面接は皆さんもご存知のとおり、一次面接、二次面接があります。その次は最終面接…
  3. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  2. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  3. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  4. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  5. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  6. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
ページ上部へ戻る