社会人3年目の平均貯金額

社会人になり働き始めると「差がつくこと」が色々と出てきます。仕事に対して打ち込む人とそうじゃない人との間には、キャリアの差が生まれます。それはポジションとして現れることもありますし、同時に給与として大きな差がついてしまっているかもしれません。

そんなことから顕著な差となって現れるのは、貯蓄額です。社会に出て数年ぐらいのビジネスマンの場合、貯金をしてない人も多く、すでにしっかりと貯金をしている人との差は如実に表れているかもしれません。そこでここでは「社会人3年目」をターゲットにして、平均貯蓄額はどのくらいなのかについてお話してみたいと思います。ご自分の貯蓄額と比べて読んでみて下さい。


社会人3年目、いくら貯めているのがいいのか

社会人3年目の貯蓄額に触れる前に、まずは大きく20代の平均貯蓄額について知っておきたいと思います。金融広報中央委員会のデータによると、20歳代の平均貯金額は203万円となっています。20代と言うと新入社員も含みますし、高卒で入社した人の場合ですと勤務して10年ほどの年数にもなりますので、大変幅が広い層ともなりますが大よその水準として見て頂ければと思います。

大卒で入社したと仮定して考えると、約6~7年かけての貯蓄額となりますので、年間で単純に割ると1年で30万円前後、これを社会人3年目として計算していくと100万円前後の貯蓄が出来ていることになります。


平均貯蓄額は100万円代後半

社会人3年目の平均貯蓄額は100万円台後半と言われることが多く、先ほどの単純計算からするともう少し上乗せした金額だと言えるようです。社会人歴が浅い方が給与も低いわけですから貯蓄しにくく、年数が経ち給与などもアップした方が貯蓄はしやすいのかを思いきやそういうわけではないようです。

これには社会人3年目以降、例えばビジネスマンとしてスキルアップを目指す為に勉強をしたり、例えば周りの友人の結婚などのお祝い事があったりと、何かと出費が増えていくことも関係しているかもしれません。社会人歴が長い方が貯蓄しやすいかと言うと、20代の間においては一概にそうは言えない事情などがあるようです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    会社を辞める「本音の」理由として、常に上位にランクインするのが人間関係の問題です。これまでは人間関係…
  2. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  3. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  2. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  3. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  4. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  5. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  6. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
ページ上部へ戻る