貯金をするための節約術12選

誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な出費が必要になってしまい、なかなか思うように貯金できないものです。しかし、自分と同じ年収の人でも、コツコツと着実に貯金を貯めることができる人がいるのも事実です。

となると、貯金ができる人とできない人とでは、生活の中身がどのように異なるのでしょうか?貯金ができない人には、5つの問題があるといわれています。まずはこの問題点を認識するところからはじめると、貯金への近道になるのです。

貯金ができない人に共通する問題

貯金

①貯金ができない理由を収入のせいにしてしまうこと

まずもっとも多いのが、自分が貯金をできない理由を、収入が少ないせいにしてしまうタイプです。確かに、年収別の貯蓄状況をみてみると、年収が低い層のほうが高い層に比べて、貯金ができていない世帯が多いのは事実です。しかし、それでもしっかり貯金ができている世帯はどの世代でも6割近くは存在し、必ずしも収入の少なさが貯金をできない主たる理由ではないのです。できない理由を年収のせいにしていますといつまで経っても貯金はできないことになってしまいます。

②貯金を決めても先送りにするタイプ

一度貯金をすると決めても、さまざまな理由をつけて先送りにしてしまうタイプも、貯金のできない人に共通します。これはダイエットにも通じるものがありますが、「明日から、明後日から」と先延ばしにしても、いつまで経っても始められないのです。周囲を見回してみると、貯金のできない人は実にこのタイプが多いことがわかります。

③「使わなければならないお金」と「浪費」の区別ができない人

貯金のために節約をしなくてはならないといっても、生活をしている以上、必ず使わなければならないお金があります。例えば、食費や家賃・光熱費など、生活する上で最低限支払う必要のあるものです。しかし、貯金ができない人は、必要不可欠で出費しなくてはならないものと、浪費の区別がつかない人がほとんどです。どれが浪費かがわからなければ、節約は難しいでしょう。

④毎月何にお金を使ったのかさっぱりわからない人

浪費と必要費用がわからない人もさることながら、毎月、どのようなことにお金を使ったか、皆目見当がつかない人も貯金のできない典型的なタイプといえます。持っていればもっているだけ使ってしまうタイプは、この部類に入ります。

⑤貯金用と日常利用の銀行口座を分けていない人

毎月使用するお金を入れている銀行口座と、貯金をするための銀行口座を分けていない人も問題です。少なくとも総合口座にして、定期預金と普通預金は分けておくなど、別の銀行口座にしていないと、手元にあるお金をすべて使用してしまうリスクにつながってしまうのです。

仕事を楽しくする!おもしろ文房具13選
【貧富の差が拡大中】全人口の1%の富裕層が世界の50%以上の資産を握る日がきた
【朝に自信がない人必見】絶対に寝坊しない方法10選
オフィスの机を整理して会社を快適に過ごす方法

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…
  2. 人に好かれる人の特徴10選

    誰しも人から好かれたいという気持ちを持っています。ですが同じように接しているのに、気が付けば人に好か…
  3. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  2. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  3. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  4. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  5. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  6. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
ページ上部へ戻る