営業マンがモテる6つの理由

営業マンがモテる6つの理由

営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため営業は、お客様の心を惹きつけるスキルが求められる仕事。また恋愛も同様に、女性の心を掴むにはいくつかのコツがあります。そこには共通点があり、営業にはモテるための技術がたくさん含まれているため、恋愛と営業は良く似ているともいわれます。今回は営業マンがモテる理由をご紹介していきます。


営業マンがモテる6つの理由

営業マンがモテる理由

(1)営業活動や心理学を通じ、相手の心を読む術を心得ている

営業マンが秀でている能力と言えば、相手の気持ちを察したり、相手の対応や行動を自分が望む方向へと誘導したりできる能力。これらの能力を高めるために、多くの営業マンは研修などで心理学を学んだり、日常的に行う営業活動の中で知識の習得や鍛錬を行うため、いわば営業は人の心を読むスペシャリストといえます。その能力は、営業の現場だけでなく、プライベートの男女間のコミュニケーションの場でも活かすことができます。

例えば、自分の発した言葉や行動に対する女性の反応から、心理状態を比較的簡単に推察できます。そのため、どうすれば女性の心を掴めるのか、また女性が振り向いてくれるためには次にどのような行動を取るべきか分かるため、営業マンは女性からモテるのです。

(2)口数が少ないタイプの女性でも会話でリードできる

営業マンの仕事と言えば、世間話を含めて自分から話題を提供し、お客様との会話を盛り上げることでお客様の気持ちを高め、商品の契約にまで漕ぎ着けることにあります。そのため営業マンは、女性との会話でも話題をスマートに提供しながら、場の雰囲気を盛り上げることはお手の物です。

しかも女性がおとなしく、口数が少ないタイプであっても困ることなく、自分から話をふったりすることや、話をリードしたりもできます。また、営業マンは仕事上聞き役に徹することも上手です。女性が逆に饒舌なタイプなら、聞き役に徹することで相手の女性を気持ちよくさせることにも長けています。

(3)スーツの着こなしが様になっている

営業マンはお客様と商談する場合にはビジネススーツが基本であり、ラフな私服で営業を行うことはほとんどありません。そのため営業マンは普段の仕事着として、スーツ着用に慣れているし、必然的に着こなしも上手になってきます。

女性向けのアンケート結果において、女性が胸キュンとなる男性の服装としてベスト3の常連に入っているのが男性のスーツ姿です。そのスーツを格好良く、スマートに着こなすことができる営業マンは女性のハートを射止めやすくなります。

(4)お客様に対して失礼がないよう気遣う清潔感が評価を高める

営業マンがお客様の接客を行う上で、身だしなみとして最も気を配っていることが「清潔感」です。どんなに上手な商品説明が行えても、例えば鼻毛が鼻穴から飛び出していたり、ヒゲの剃り残し後が目立ったり、汗臭さが感じられたりすれば、それらが気になったお客様は説明内容に集中できません。そのため、営業マンは仕事上人一倍清潔感に気を配ることが当たり前になっています。

女性は、男性以上に清潔感に対してシビアです。逆に言えば、不潔な男性や清潔感に対して鈍感な男性は、女性からモテません。身だしなみが整った、清潔感のある営業マンは女性から支持されるのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…
  2. 営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業マンにはそれぞれ強みや長所があり、その力を発揮することによって、お客様との関係性を構築したり、契…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  2. 当サイトではトップ営業マンの手帳の使い方や選び方についてご紹介した記事がありますが、今回はその反対、…
  3. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  4. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  5. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  6. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
ページ上部へ戻る