新卒営業マンの不安と解消方法

新卒営業マンの不安と解消方法

ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し、販売につなげるのが営業の仕事です。会社の利益に直結する大事な職務ですが、「うまく商品の特徴を説明できるだろうか」「人と話すのは基本的に苦手だ」と悩んでしまうかもしれません。ただ、不安があるのは誰でも同じ。むしろ、当たり前のことと考えた方がいいです。今回は営業未経験の新卒営業マンが抱える不安と、その解消方法を見て行きましょう。


新卒営業マンの5つの不安

新卒営業マンの5つの不安

1.人と話すのが基本的に不安

「やり手営業マン」と聞くと、バリバリと働いて商品の説明をスマートにこなし、次々に契約を決めていくイメージを持つと思います。その姿を想像して「アクティブに行動するのは無理だ」「初対面のお客様と何を話したら良いのか分からない」と不安に感じる人も多いはず。ですが「口下手なのに売れる営業マン」は少なくありません。営業マンはみんな工夫しながら営業スキルを磨いているのです。

2.うまく商品説明できるか不安

営業マンは、自社の商品やサービスを紹介するのが仕事です。これがお粗末な状態では、お客様も困ります。しかし初めての営業では、うまく商品説明ができるか不安に思うでしょう。

真面目な人は、すべての商品知識を詰め込まないとダメだと考えがちです。しかし、大事なのは、お客様が何を欲しているか、ニーズを感じ取ること。ニーズに必要なことだけ伝えればいいのです。ニーズにはいくつかパターンがありますが、それを押さえれば軌道に乗れるでしょう。

3.スケジュール管理が不安

営業はほとんどが外出先で行うため、社内にいる時間が限られています。この限られた時間で訪問先の場所を調べたり、契約書類などを準備したりしなければなりません。営業が終わって帰社してからは、上司への報告書を作成する必要もあります。そのため、スケジュール管理を徹底して、効率的な時間の使い方をすることが、営業成績を左右すると言っても過言ではありません。「でも、自分はスケジュールや時間管理が苦手だ」と不安に思う人もいるでしょう。ですが、管理はコツや押さえておくべきポイントがあるのです。それも後述します。

4.ノルマを達成できるか不安

基本的に営業マンには売上目標、すなわちノルマが付き物です。人と話すこと以上に、このノルマに不安感、さらには恐怖感を持っている人は多いです。「ノルマが嫌だから、営業職は選ばない」そんな人もたくさんいます。売上を達成できないと、厳しく叱責されるイメージがひとり歩きしているのでしょう。しかし、これでは仕事の楽しみを入口から否定することになり本末転倒です。

そもそも、どんな仕事にもノルマは付いて回ります。研究職だって、予定の期日までに結果がでなければ研究がストップさせられます。教職も、生徒の成績が悪ければ責任を取らされます。営業職だけが特別に厳しいのではなく、どの仕事にも目標が定められているのです。お金をもらうのだから、当たり前ですよね。

頭をフル回転して知恵を絞って行動し、契約を取りノルマを達成する。このやりがいや達成感は、営業として働く喜びを感じることができます。そして、経験を積めば積むほど営業スキルも磨かれ、長い社会人生活の糧になっていきます。ノルマのハードルをひとつクリアする度に、あなたは確実に成長していくのです。

5.新規開拓ができるか不安

営業の訪問先は多種多様。通常、営業マンは飛び込み営業やテレアポを駆使して、顧客企業に訪問するが一般的です。新規開拓で、まったく取引がない会社に営業することも普通にあります。ところが、この新規開拓に不安や恐怖感を持っている人は多いです。真面目な人は「相手も仕事中で忙しいのに、邪魔にならないだろうか?」と考えてしまうようです。

これも考え方次第で相手の反応は変わります。申し訳なさそうに相手を訪問したら、必ずマイナスイメージを持たれます。そうではなく、「貴重な情報を相手に伝えてあげるのだ」という気持ちで訪問するのがオススメです。ビジネス社会は情報が命。訪問先も役立つ情報であれば、たとえ忙しくても時間を空けてくれます。


新卒営業マンの不安を解消する7つの方法

新卒営業マンの不安を解消する7つの方法

1.営業マンにとって失敗は当たり前と思うこと

「デキる営業ほど、クレームを良く受ける」と言われています。これは営業活動をたくさん行っているからこそ起こる状況なのです。反対に何もしなければクレームも受けませんが、もちろん成果も上がりません。「失敗は当たり前」と思うだけで、営業の不安感は薄れていくでしょう。

2.とにかく動くこと

不安を感じるときは、たいてい動きが止まっているときです。悶々と考えてばかりで行動しなくては、解決の糸口も見つけられません。「出来ない営業マンほど、ぶつぶつ言って動かない」とよく言われます。今の状況を打破するためには、まず動くこと。アポイントを入れて、顧客のところに訪問することが決まれば、もう迷ってはいられません。準備も必要ですし、調べモノも必要です。そうやって頭と体を動かしているうちに、不安だったのが嘘のようになるはずです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  3. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  2. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  3. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  4. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  5. 「会社の電話が鳴り、受け答えをしたところ、今日は不在の上司への電話であった」、こんな時はどのように対…
  6. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
ページ上部へ戻る