営業と恋愛は似ている!恋愛上手な営業マンの心理テクニックつき

営業と恋愛は似ている!恋愛上手な営業マンの心理テクニックつき

「営業と恋愛は似ている」という言葉を聞いたことはありませんか?成績のいい営業マンは、恋愛も上手で女性からモテるという意味で用いられている言葉なのですが、確かに営業と恋愛のプロセスには似通った部分が多く見受けられます。

しかしながら、できる営業マンは必ずしも女性にモテるわけではなく、また、営業数字が振るわない営業マンも例外なくモテないというわけではありません。ではなぜ営業は恋愛に似ていると言われるのでしょうか。ここではその理由についてお伝えします。

営業と恋愛のプロセスの似ているポイント

営業と恋愛が似ているといわれる点を理解するために、それぞれの特徴と共通点について解説します。

営業のプロセス

営業とは、会社の商品やサービスを第三者に売り込む仕事。新たな取引先を開拓する場合、初対面の企業に訪問し、営業マン自身の自己紹介や自社の会社概要を伝え、提案する商品がいかに優れていて独自性があるかということをプレゼンします。

この場合、商品やサービスが良いだけでは契約にはいたりません。営業マンの人柄や信頼できるかどうか、商品説明の仕方、コミュニケーションスキルによって相手は決定します。

恋愛のプロセス

友人の紹介や知り合い同士から発展する恋愛、街コンやフェスで知り合って始まる恋愛など、人が恋をするシチュエーションは数多ありますが、どの出会いにも「初対面」の時があるもの。映画や漫画では「出会いの時にはお互い印象が最悪、しかし意外な一面を知って恋に落ちる」という逆転劇的な恋愛ストーリーも人気です。

しかしながら、現実社会では多くの場合、初対面で良くない印象をもってしまうと、なかなか友人関係、恋愛関係に発展するのは難しいものです。そのため、相手に好意を抱いている人は、意中の女性に対して好印象を与えようと行動します。

自己紹介をし、互いの趣味や仕事などさまざまなファクターを語り合いながら、関係を深めていくことが多いのではないでしょうか。恋愛の場合も営業と同じく、ただ待っているだけで関係が築けるのは稀。自分を売り込み、得意なことや考えていることを積極的にアピールしていく必要があります。

営業と恋愛の似ているポイント

ここまで読むと、もうお気づきのことと思います。営業と恋愛は「相手に好印象を抱かせ、自分を売り込み、要望を通す」という基本的なプロセスが同じなのです。

営業職は取引先に好印象を持ってもらえるように立ち振る舞い、自分がいかに有能で自社製品あるいはサービスが優れているかということを売り込み、契約という自らの要望を通します。

恋愛では、意中の相手に好印象を抱かせ、自分がいかに相手にとってふさわしいかをプレゼンし、恋愛関係になりたいという要望に向かって努力することになります。恋愛において、好印象を抱かせることと自分を売り込むことはイコールのように思われがちですが、原則として好印象を与えることに成功しなければ、売り込みは困難だと考えるべきでしょう。なぜなら、売り込むポイントが唯一無二のものでない限り、相手は同じような条件を備えた好ましい人物を選ぶからです。「魅力のある女性」と「優良な取引先」には競争相手が多いことも営業と恋愛の共通点といえそうです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  2. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  3. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  2. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  3. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  4. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  5. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  6. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
ページ上部へ戻る