女性の営業マンが男性よりも営業成果を出す有利な理由

営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マンは必ず男性の営業成績を上回るといったことはありません。しかし性別で営業マンを比較した場合、女性営業マンの方が短期的に成果を上げやすい有利な点が多いことは間違いないでしょう。ではどのような有利な点があるのか、特にそうした有利な点に気づけていない女性営業マンの方は、この記事を読んで女性としての強みを再認識して頂きたいと思います。


①女性営業マンは女性的な感性での気配りが出来る

まず男性営業マンより女性営業マンが優れていると言える点が、女性ならではの「気配り」が出来ることです。営業マンにとって明るさや元気の良さ、礼儀やビジネスマナーといったものは勿論大切ですが、それ以上に大切だと言っても良いのが「お客様への気配り」です。なかなか気付けないような細かな点まで自然に気配りが出来れば、お客様からの信頼や評価は大きく変わってくるものです。

その点で、明るさや元気の良さで勝ることが出来ても、特に体育会系の男性営業マンにはそうした女性的な細かな気配りはなかなか出来るものではありません。従って明るくて元気な女性営業マンが女性ならではの細やかな気配りを発揮すれば、必然的に男性以上の営業成果を上げることが出来ると言えます。


②お客様へ「安心感」を与えやすい

女性営業マンにとって多少不本意に感じている方もいるかも知れませんが、社会一般の見方として男性より女性はか弱い存在だと言えます。それゆえお客様の前に女性営業マンが現れた場合、男性営業マンよりお客様の緊張感や警戒感が和らぐ傾向があります。

つまり、女性営業マンはお客様と初めて接する段階から男性営業マン以上の安心感をお客様に提供できるというアドバンテージを有しているのです。その結果、お客様の心のシャッターもやや緩んだ状態で商談を進めることが出来ますので、営業成果も上げやすくなると言えます。


③男性のお客様なら「協力してあげたい」という心理が働く

これはお客様が男性の場合に当てはまることですが、男性は良く言われるとおり「プライドの生き物」であることから、特に女性の前で優柔不断な態度を取り続けることに、多少抵抗感を感じるものです。そのため男性のお客様は、結果的に男性営業マン時より女性営業マンの方が決断を下しやすい傾向があります。

その上、女性営業マンに対して好感を持っている場合なら「協力してあげたい」といった潜在的心理も働き、女性営業マンが喜ぶ結論、即ち契約や商品購入といった決断に傾きやすくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  2. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  3. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  2. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  3. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  4. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  5. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  6. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
ページ上部へ戻る