女性の営業マンが男性よりも営業成果を出す有利な理由

営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マンは必ず男性の営業成績を上回るといったことはありません。しかし性別で営業マンを比較した場合、女性営業マンの方が短期的に成果を上げやすい有利な点が多いことは間違いないでしょう。ではどのような有利な点があるのか、特にそうした有利な点に気づけていない女性営業マンの方は、この記事を読んで女性としての強みを再認識して頂きたいと思います。


①女性営業マンは女性的な感性での気配りが出来る

まず男性営業マンより女性営業マンが優れていると言える点が、女性ならではの「気配り」が出来ることです。営業マンにとって明るさや元気の良さ、礼儀やビジネスマナーといったものは勿論大切ですが、それ以上に大切だと言っても良いのが「お客様への気配り」です。なかなか気付けないような細かな点まで自然に気配りが出来れば、お客様からの信頼や評価は大きく変わってくるものです。

その点で、明るさや元気の良さで勝ることが出来ても、特に体育会系の男性営業マンにはそうした女性的な細かな気配りはなかなか出来るものではありません。従って明るくて元気な女性営業マンが女性ならではの細やかな気配りを発揮すれば、必然的に男性以上の営業成果を上げることが出来ると言えます。


②お客様へ「安心感」を与えやすい

女性営業マンにとって多少不本意に感じている方もいるかも知れませんが、社会一般の見方として男性より女性はか弱い存在だと言えます。それゆえお客様の前に女性営業マンが現れた場合、男性営業マンよりお客様の緊張感や警戒感が和らぐ傾向があります。

つまり、女性営業マンはお客様と初めて接する段階から男性営業マン以上の安心感をお客様に提供できるというアドバンテージを有しているのです。その結果、お客様の心のシャッターもやや緩んだ状態で商談を進めることが出来ますので、営業成果も上げやすくなると言えます。


③男性のお客様なら「協力してあげたい」という心理が働く

これはお客様が男性の場合に当てはまることですが、男性は良く言われるとおり「プライドの生き物」であることから、特に女性の前で優柔不断な態度を取り続けることに、多少抵抗感を感じるものです。そのため男性のお客様は、結果的に男性営業マン時より女性営業マンの方が決断を下しやすい傾向があります。

その上、女性営業マンに対して好感を持っている場合なら「協力してあげたい」といった潜在的心理も働き、女性営業マンが喜ぶ結論、即ち契約や商品購入といった決断に傾きやすくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  2. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…
  3. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  2. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  3. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  4. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
  5. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  6. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
ページ上部へ戻る