サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断ち切りたいと思っていても、体が動かず「また明日から頑張ればいいや」と考えてしまうため、克服することは容易ではありません。原因を理解せずに気合いだけで「サボり癖を止めよう!」と思っても長続きせず、すぐまた復活してしまうものです。では、どうすればサボり癖を改善・克服できるのか、原因や対策をご紹介致します。

社会人のサボり方の体験談・事例

社会人のサボり方の体験談・事例

まずはサラリーマンの皆さんなら一度は経験があるかもしれない、サボり方の体験談について解説します。以下の中に、心当たりがある人もいるのではないでしょうか?

◎サラリーマンの仕事をサボった事例

  • 仕事に行きたくないと感じて、仮病を使って会社を休む
  • 外回りをしている時、眠くなってきたのでさぼって仮眠を取る
  • 仕事中に、業務と関係のないネットサーフィンやスマホゲームをしてしまう
  • 締め切り間近の仕事に手がつかず、体が動かない
  • 本当はアポイントがないのに、あると言って会社を出てサボってしまう
  • やる気がなく、午前半休や午後半休を使ってさぼる

サボり癖をそのままにしておくと直らないどころか、どんどん悪化してしまいます。サボり癖は、一種の依存症のようなものなので、直らない場合、早期に改善対策を取り組む必要があるといえます。それくらい深刻な事態だと心得ましょう。

さぼり癖が仕事に与える影響

さぼり癖が仕事に与える影響

さぼりが常態化すると仕事への悪影響しかありません。その影響は下記の通りです。

1.会社からの評価が下がる

さぼると当然、仕事の成果は上がりません。そのため、人事評価体系によっては給与査定にダイレクトに影響が出てしまいます。賞与に実績を反映させる会社は少なくないため、年収が前年と比べて下がってしまうことも。

2.さぼっていることがばれたら信頼を失う

職場の多くの人は、真面目に仕事を取り組んでいます。さぼっているところを誰かに見られたり、明らかに自分だけ仕事の進捗が遅れていると「さぼっている」と思われ、職場のメンバーに嫌われてしまうかもしれません。

3.同僚との差がついて、会社に居辛くなる

さぼり癖が付いて仕事に集中できなくなると、頑張っている同僚と成績で差がついてしまって気まずくなり、自分から話しかける機会が少なくなります。また上司から成績を比較され、会社を辞めたいと思うようになってしまう場合も。

サボり癖が直らない根本的な原因は2つある

サボり癖を克服するには、まずサボり癖が治らない原因を正確に把握することが先決です。サボり癖の原因は大きく2つに分けられます。ひとつ目が「危機意識のなさ」、ふたつ目が「目的意識の低さ」です。これを聞いて耳が痛い人もいると思いますが、その2つの原因を起点として、直す方法を考えるべきといえます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  2. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  3. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  4. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  5. 「日本のサラリーマンは、働きアリのように、本当によく働く」 日本人に対する、海外のそんなイメージを…
  6. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
ページ上部へ戻る