営業を辞めたい7つの理由

営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種です。営業を辞めたい理由、そしてその先どのようなキャリア変更が考えられるかご紹介していきます。

営業を辞めたい7つの理由

営業を辞めたい理由

(1)人間関係のストレス

人間関係を築くのが苦手な人は、人と接することが主な仕事である営業が心の負担になってしまうことがあります。時には顧客からのクレーム対応、要求の難しさ、ハラスメント被害などが重なってうつ病を引き起こしてしまうこともあります。

また、人と話すのが苦手で性格上内向的な人はもともと営業職が合わないということもあります。苦手意識を克服したい理由でやってみたものの、自分に合わず、結果として営業を辞めたいと思うようになってしまう場合もあります。

(2)ノルマが厳しいから

会社のノルマ設定がはじめから実現が不可能に近いと思われるような厳しい数字の場合、非常に強いストレスやプレッシャーが肩に乗っかってきます。また営業は人と接する職業なので、確実で予測可能なことは少なく、自分以外の原因によってノルマを達成できないこともしばしばあります。この時に理解を得られず、目標達成できなかったことを怒鳴られるなどすると営業を辞めたいと感じるでしょう。

(3)労働時間が不規則

営業は顧客の要望に合わせて動く必要があるため、労働時間が不規則になりやすい仕事とも言えます。例えば取引先の都合で急なアポイントメントが入った場合、時間変更を依頼したり断ってしまえば、今後の取引に影響が出てしまうこともあります。接待や懇親会などの付き合いがある場合にも労働時間が長くなりがちで、深夜にまで及ぶこともあります。また、営業に必要となる資料作成や調査なども営業の業務領域の場合には、勤勉であるほど労働時間は無制限に長くなるとも言えるでしょう。

(4)販売商品に魅力を感じない

営業マンは本来顧客に商品の魅力を伝える立場。しかしながらその営業マン自身が、自信を持って自社商品を販売できない場合があります。他社よりも販売価格が高い、メリットが小さい、効果がないなど、販売する都度、自分が詐欺師の気分になり、営業をやめたいと思ってしまいます。

(5)上司に詰められるから

会社に与えられた目標が未達で終わると上司から詰められるのは仕方ないとして、個人目標を達成しても、次はチーム目標の達成、その次は支店目標の達成、会社目標の達成と、自分の数字が終わっても結局ずっと売上を追いかけないといけないことに疲れ果てて、営業を辞めたいと感じるパターンです。チームワークという大義名分を盾に、責任ばかり伸し掛かってくると辛いでしょう。

(6)拘束時間が長いから

朝は早いし夜は遅い、おまけにクライアントの都合で土日などの休日出勤もあるため、仕事とプライベートのバランスが崩れてしまって、何のために働いているのか自問自答してしまうようになると、営業を辞めたくなるでしょう。営業は目標を達成するために顧客に合わせて動くのが宿命なのです。

(7)営業がマンネリ化したから

長年の努力が実り、大きな売上数字を計上しても月初にはリセットされてまた一から積み上げていく毎日。同じことの繰り返しが続くとやる気はもちろん、やりがいも感じなくなり、営業に飽きてしまうでしょう。

営業も商品を販売するということに関してはルーチンワークですが、契約までのプロセスを都度見直して改善を続ければ自己成長につながり、新たな刺激を手に入れられるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…
  2. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  2. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  3. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  4. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  5. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  6. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
ページ上部へ戻る