効率的に営業を行う優先順位のつけ方

営業マンに与えられている時間は皆等しいのに売上に差がついてしまう・・・この差が生じる理由は決して商談の上手さだけが理由ではありません。今回のテーマでもある「営業を効率的に行うために適切に優先順位をつけて仕事を行っているかどうか」も売上の差が生じる大きな要因の一つです。では、効率的な営業活動を行うためにどのような優先順位のつけ方を行えば良いのでしょうか。今回はその点を明らかにして参ります。


①優先順位の基準が明らかになっているか

仕事の優先順位優先順位をつける必要があるからと言って、基準等もなくいきなり現在取り組んでいる仕事に感覚だけで優先順位を付けようとしても、なかなか上手くゆくものではありません。優先順位をつける方が苦手だという方の最も大きな原因は優先順位の合理的な基準がない、もしくは優先順位のつけ方が感覚頼りではっきりしていないことです。従って優先順位をつけるには優先順位の基準を明確にすることが先決です。では、営業マンが効率的な営業を行う上でどのような基準を設ければ良いのでしょうか。


②「お客様」と「一般業務」で分けた上で「急ぎ」や「重要度」を考える

優先順位当然と言えますが、営業マンが最も優先しなければならない存在が「お客様」です。ところが営業マンの仕事はお客様との商談だけではありません。社内で会議もあるでしょうし、提案資料を作成する時間も必要でしょうし、日報を作成して上司に営業状況の報告することもあるでしょう。そこで、営業マンが優先順位の基準を考える上で分かりやすい方法は「お客様」と「一般業務」といった二つでまず大きく分けることです。

次に大別された二つの項目それぞれに「急ぎ・急ぎではない」「重要・重要ではない」といった4項目を基準要件として加えれば、次の通り、大よその優先順位の基準が見えてきます。

・「お客様」・・・1)急ぎで重要、3)急ぎだが重要ではない、5)急ぎではないが重要、7)急ぎでもなく重要でもない
・「一般業務」・・2)急ぎで重要、4)急ぎだが重要ではない、6)急ぎではないが重要、8)急ぎでもなく重要でもない

ご紹介した順番から分かるとおり、急ぎで重要な案件が「お客様」と「一般業務」で生じた場合には「お客様」を常に優先することが営業マンの定石と言って良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

    仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限っ…
  2. 上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    人の悪口や愚痴を言っているとき、ふと振り返ると本人がすぐ後ろに立っていた、などという気まずい思いをし…
  3. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  2. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  3. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  4. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  5. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  6. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
ページ上部へ戻る