パレートの法則を意識した効率的な営業活動


2割の見込み客開拓に8割のエネルギーを注ぐ

見込み客今まで新規の見込み客に対しては片っ端らから全精力を傾けて、営業開拓に取り組んでこられてはいなかったでしょうか。その営業的な努力は立派ですし、少なくとも非難されるものではありません。しかしながら、限られた時間の中で売上を伸ばしてゆくためには効率性も重視する必要があります。その効率性の目安としても応用できるのがパレートの法則です。パレートの法則は顧客フォローだけに当てはまらず、新規の見込み客開拓にも当てはめることができます。

仮に10人の見込み客がいたとするなら、パレートの法則に則った場合、その内の2割の見込み客が売上の8割をもたらしてくれる可能性があると言えます。そこでまず10人の見込み客の中から特に期待が持てる2割の有力見込み客、即ち2人の見込み客を厳選します。例えば今まで1人の見込み客に対して2時間割いていたとしたら、10人の見込み客がいる場合にはトータル20時間費やしていた計算となります。この20時間の内の8割、16時間を2人の有力見込み客に割いて残り4時間を他の8人の見込み客に費やせばパレートの法則に則った適切な時間配分となってきます。



今回はパレートの法則を意識することで効率的に営業活動を行う方法をご紹介してきましたが、パレートの法則は営業活動に特化された法則ではありません。これはパレートの法則だけに限りませんが、営業活動は決して営業に特化された様々なノウハウや法則だけが有用な訳ではないということです。つまり、広い視野から営業とは一見無関係に思えるような社会的現象や物理的の法則にも関心を払い、営業に活かす方法を考えることも営業力向上に役立つ場合があることをこの機会に併せてぜひ理解しておいてください。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…
  2. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…
  3. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  2. 役職の順番を理解する 社内や社外の人と接するときに、「この人はどんな立場の方だろう」と悩むことは…
  3. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  4. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  5. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  6. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
ページ上部へ戻る