【トップ営業になる】飛び込み営業の訪問件数を増やすコツ9つ

出す順番や、どこになんの資料を入れているのか、などいちいち探す必要が無いよう整理しておき、また鞄の中身や資料の順番などもしっかりと把握しておくようにしましょう。こうした積み重ねが1件でも多くのお客さんを訪問できる時間へと繋がって行きます。


⑥1件あたりにかける時間を決めておく

話を聞いてくれることになったとしてもダラダラと時間を掛けてしまうと逆効果です。時間を掛ければ成約に繋がるかと言うと一概にそうではないことを恐らくあなたも身をもって経験していると思いますが、限られた営業時間内で訪問件数を増やす為には1件あたりにかける時間をあらかじめ決めておくことも大切です。

そうすることによって、例えば成約に繋がらないお客さんとの無駄話を防ぐことにもなります。こうした効率化を図る上ではある程度の「見極め」が求められるようにもなります。「このお客さんは長く話しても成約には繋がらないな」などと、お客さんのタイプなどを見極める目を養う事も意識することが大切です。


⑦早めのテストクロージングの重要性

1件あたりにかける時間を決めることで必要になるのが、ある程度のタイミングが来た時に行う「テストクロージング」です。興味があるのかどうかを見極める為にはやはりテストクロージングを行う必要があるのですが、多くの場合中々切り出せないという悩みもあります。

断られるのを怖がりテストクロージングが出来ない人も多くいますが、しかしながら差しさわりの無い話で長引かせても意味はなく、ある程度早目の段階でテストクロージングを行い見込みのあるお客さんかどうかを見極めておく必要があります。そうすることで無駄に話を長引かせてしまうケースを防ぐことが出来ます。


⑧その日の活動を振り返り次に活かす

1日の活動内容を振り返ることは重要です。反省点や良かった点、それぞれに失敗や成功の理由を分析することが次に繋がります。同じ行動は同じ結果しか生まない事を頭に入れておく必要があります。

目標値などを改善できるようであれば改善し、常に高い数値を目標に掲げておくことも重要です。達成できる数値が目標になってしまっていれば、それ以上の成長は望めないものだということをしっかりと理解しておくことです。


⑨成功者のマネを積極的に

営業成績の優秀な社員、訪問件数の多い営業マンなどが身近にいれば積極的に真似をすることも大事です。上手く行く人には上手くいく理由があり、それは多くの場合プラスになることがほとんどです。

同じ会社内であればその存在はライバルとなり、それがゆえに真似をすることを恥じる人などもいるかもしれません。ですが成功者のマネをする「モデリング」は、自身の成功への一番の近道であることを理解しておき、良いところは積極的に吸収していく姿勢を身に付けておくことも営業マンとして成功する為の近道です。


訪問件数を増やすコツは細分化して考えること

いかがでしょうか、訪問件数を増やす為のコツを9つ紹介してきましたが、見てお分かり頂けるように細分化して考えることが重要になっています。どれか1つをやれば劇的に訪問件数が増やせるわけではなく、これらを一連の流れとして細分化した項目1つ1つを実践していくことが重要になります。とは言ってもどれも可能なことばかりでもありますので、1つ1つ着実に努力していくことで着実な成果に繋がるはずです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    みなさんはクロージングという言葉をご存知でしょうか。そもそも何の用語かもわからないといった方もいらっ…
  2. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…
  3. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  2. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  3. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  4. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  5. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  6. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
ページ上部へ戻る