【トップ営業になる】飛び込み営業の訪問件数を増やすコツ9つ

トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合まずなによりも重要なのは「訪問件数」を増やすことです。しかし時間は有限、どうしても1日に訪問できる数に限界があり、今よりも訪問件数を増やすにはどうしたらいいのかお悩みの営業マンも多いはずです。

訪問件数を増やす為には、ただがむしゃらに駆けずり回ればいいという事ではなく、そこにはやはり「コツ」が存在します。そこで今回は飛び込み営業の訪問件数を増やす為の9つのコツについて解説していきたいと思います。


①まずは目標値を立てる

まずは1日に回る訪問件数の目標を立てるようにしましょう。それまでの経験から大よそ訪問できる件数は予測できると思いますが、予測した数値よりも高い件数を目標として設定しましょう。多少無理目な数値を設定しておくことが効果的です。

目標を高く設定すると、それを達成する為の行動が必要になります。回り方を工夫するのか、1件ごとのアプローチの仕方や時間のかけ方を工夫するのか、目標を達成する為に「どこか効率化しなくては」と言った思考が生まれ、その思考が訪問件数を増やす為の土台となります。


②事前にエリアを選定しておく

行き当たりばったりで飛び込むのではなく、その日の営業活動でどの地域を回るのかエリア選定を事前に行っておくことが大切です。エリアを事前に決めておくことで、どのように回れば効率的に回ることが出来るのか予定を立てることが出来ます。訪問件数を増やす為の基本は、やはり隣から隣へ飛ばさずに効率的に移動をしていくことになります。

その為にはそのエリアの地域性を知っておくことが重要で、どこをどう回れば無駄なく回れるか、重複のないように移動できるかを事前に考えておくかどうかは大きなポイントになります。


③時にはエリアを度外視するなども

エリアを事前に決めて効率的に回っているはずでも、実際に回ってみると想定外のこともあります。通れるはずの道が通れない、あるはずの建物がない、などのケースは付きものであると考え、時にはエリアを外れて回る柔軟性も重要です。

エリアにこだわるあまり、エリアの端から端へと移動するような非効率な行動をするのではなく、例え事前に決めたエリアの外であっても、近くに沢山訪問できるようなエリアがあると判断すれば計画を変更する臨機応変な行動をとることも訪問件数を増やすことに繋がります。


④アプローチは簡潔に行う

エリアを効率的に回ることができても、1件あたりの訪問に長く時間をかけすぎると訪問件数は増やすことはできません。そこで重要なのがアプローチの簡潔さです。飛び込み営業では、どうしても相手の警戒を解くことから始める必要があり、それがゆえに無駄な世間話などをアプローチが長くなりがちです。

アプローチは簡潔に行うことが大切です。警戒を解くことも大事ではあるのですが、そんな中でも簡潔に要件を伝えるアプローチの仕方を事前にストックしておくことが1件あたりにかける時間の短縮に繋がります。


⑤販促物はすぐに取り出せるように

アプローチにかける時間の短縮において、販促物の準備も重要です。特に資料などを沢山持ち歩いている場合などにおいては、それがスムーズに出せるかどうかは時間の短縮化に大きく影響してきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  2. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…
  3. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  2. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  3. 当サイトではトップ営業マンの手帳の使い方や選び方についてご紹介した記事がありますが、今回はその反対、…
  4. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
  5. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  6. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
ページ上部へ戻る