「給与が低いから」という転職理由は面接官の印象が悪い!?

中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な質問事項が「転職の理由」です。その転職理由としてもし「現職の給与が低いから」、既に退職している場合には「給与が低かったから」という理由を伝えた場合、面接官の印象は悪くなるものでしょうか。転職について考えるシリーズとして今回は「給与が低いから」という転職理由に対する面接官もしくは求人企業側の印象について解説することに致します。


「給与が低いから」は基本的には伝えてはならない理由①

「給与が低いから」というのは「基本的に」伝えてはらない理由です。ではなぜ伝えてはならないのか、大きく二つの理由をあげることができます。一つ目は「自惚れが強い、自己評価が高い」あるいは「謙虚さが足りない」といった印象を与えるおそれがあるということです。給与体系はその働きに応じて必ずしも100%公平な評価で支給されているとは限りませんし、給与が全て個人の資質や能力だけで決まる訳でもないことは面接を行っている求人企業側だって百も承知です。

しかしながら、給与水準が低い会社においても個人的資質や能力、あるいは努力によって一定以上の給与を受け取っている場合があることも”一般的には”事実です。(現職または前職がそれに当てはまらなかったとしても、面接官はそうした例外的ケースまで考慮してはくれません)

それだけに「給与が低いから」という言い分は自分の資質や能力を棚に上げて不平だけを言っている謙虚さがない人間、あるいは「自分はもっと給与を受け取ることができる優秀な人物だ」と自惚れている印象を与える可能性がとても高まるからです。


「給与が低いから」は基本的には伝えてはならない理由②

二つ目の理由は「給与水準が高いところが見つかればまた転職する気ではないのか」といった疑念を招くということです。仮に求人広告を出した時点では業績好調で高い給与を社員に支払えている企業であっても、その勢いが未来永劫続くとは限らないことを求人企業側は承知しています。

会社には好不調の波があり、会社が苦しいときには給与カット等を社員に御願いしなければならない場面が生じる可能性だって当然あります。そうした会社が苦しい時に真っ先に逃げ出す人物が「給与」に不満を持つ人物です。そのような人物であると見なされれば、採用はおぼつきません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  2. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  3. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  2. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  3. ビジネスの場では様々な書類や契約書を目にする機会があります。正しく適切に処理や対応を行うことが求めら…
  4. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  5. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  6. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
ページ上部へ戻る