仕事ではロン毛やヒゲは整えていたとしても不潔扱いになる

仕事ではロン毛やヒゲは整えていたとしても不潔扱いになる

髪を伸ばしてロン毛にしたり、髭を伸ばしてダンディにキメたりと、オシャレでかっこいい社会人には誰しも憧れます。わたしも学生時代は髪を明るく染めて髭を生やしていたので、社会人になってもそれを貫きたいと考えた時期がありました。

では、ロン毛やヒゲは、周囲にどのような印象を与えるのでしょうか。また、どのような仕事ならオッケーなのか、ここでは社会でのロン毛やヒゲの扱いについてお伝えします。

ロン毛やヒゲが与える第一印象は「不潔」

社会人になると、学生の頃と違って、日々初対面の人と接することも少なくありません。特に、営業職や接客業は初対面の人に対して商品やサービスを販売するという立場。第一印象がすべて。まずロン毛やヒゲは許してもらえないと考えておきましょう。さらに、日本ではヒゲはだらしないものという印象が強く、ロン毛に関しても、ほとんどの業種でオシャレではなく、不潔ととらえられてしまいます。唯一、認められていそうなのがアパレルや美容師などの業界といえますが、この業界でも新人が最初からヒゲとロン毛で出社するというのは、あまり現実的ではありません。

1.客先からの印象

ロン毛やヒゲの新人を客先に連れて行くのは非常にリスキーなので、まず同行は許されません。仮に同行した場合は、かなりの確率で、こんな新人を採用するなんて、どんな会社なんだろう、と表現を下げてしまうことでしょう。

2.女子社員からの印象

学生時代に付き合っていた女性がいない場合、社内恋愛は貴重なパートナー探しの機会になります。そのため、これがすべてではありませんが、女性からの目もある程度は気にしておきたいところです。そして、女性社員はヒゲやロン毛といった見た目に非常に厳しく、ある意味では会社の上司連中の目より厳しいかもしれません。

3.上司や先輩からの印象

先輩たちからは不潔と思われてしまうというよりも、生意気な新人と思われてしまう可能性があります。こうなると貴重な機会を失ってしまい、それが先輩から学ぶ機会です。可愛い新人には、どんどん仕事を教えてあげる気持ちになりますが、逆に生意気な新人には積極的に教えようという気持ちがなくなってしまうものです。そのため、社内での第一印象というのは、自分の成長にとっても大切なのです。

社会人は清潔感が最重要

会社員として無難に過ごしたいなら清潔感は大切です。相手に与える第一印象だけで考えるなら、徹底的に清潔感を突き詰めるのがおすすめで、その際にヒゲやロン毛は邪魔になってしまいます。この時代にあえてロン毛にこだわっている人は、自分に強いこだわりを持っている人かと思われます。しかし、社会人として成功を収めるためには、そのこだわりを一度、しまっておく勇気が必要です。

1.短髪は最も清潔で無難

ビジネスマンの服装や身だしなみとして短髪は基本です。どこに出ても恥ずかしくない髪型で、手入れも簡単なので、効率的なライフスタイルを実現できます。

2.おしゃれヒゲでもダメ!相手を威嚇する象徴

確かにヒゲがとても似合っている男性はいます。しかし、普通の人がヒゲを生やす場合、かなり神経質になる必要があって、ほとんどの場合がおしゃれではなく、不潔かだらしないと受け取られてしまいます。また、いくらおしゃれなヒゲであっても、相手がヒゲ自体に嫌悪感を持っていると、どうやっても認めてもらうことはできないでしょう。このようにヒゲは、いらぬ波風を立てる要因になってしまいます。

3.口臭もチェック

以前に比べるとロン毛の男性は激減しています。これは現代人の清潔感に対する意識の高さが関係していて、ロン毛やヒゲの男性に対して風当りも強くなりがちです。この意識の高さがスメルハラスメントなんて言葉を生み出すくらいなので、毛髪のチェックと同じく、口臭のチェックもしておきましょう。

会社員が思うビジネスマンに相応しくない髪型とは

首都圏で働く20~49歳の男女300人に対して、ビジネスマンに相応しくない髪型を聞くアンケートを行いました。このようなアンケート結果を確認すると、実際に社会の人たちがヒゲやロン毛にどう思っているのかを把握することができます。

1.金髪は問答無用

特にアンケートで目立ったのが金髪で、9割以上の人たちが相応しくないと回答しています。さすがに金髪で出社する人は少ないかと思われますが、この回答からわかる回答者の気持ちとしては、金髪はもちろんだが、その他の相応しくないカラーにも注意してほしい、というものでしょう。

2.ロン毛は不潔でだらしない印象を与える

金髪の次に注意が必要な髪型はロン毛です。こちらは金髪に次いで8割以上の人たちが相応しくないと回答して、このことからも社会おけるロン毛への風当たりは強いことがわかるはずです。他にも、前髪が長すぎる、メッシュ、襟足が長いなどが相応しくない髪型として回答されています。

どの回答者も清潔感がキーワードに

たくさんの回答者が参加したアンケートでしたが、どの回答者も基準となっているのが清潔感です。清潔感があるか、ないかを判断した結果、ロン毛がダメ、金髪がダメと回答していて、当然ヒゲも相応しくないという回答もありました。

潔感のあるないで考えれば問題解決

今回の結論としていえるのが、社会人として相応しい服装や髪形について迷った場合は、とにかく清潔感を基準に考えてみるということです。そうすれば何がOKで、何がNGなのかが、しっかりと見えてくるはずなので、清潔感あふれる新人として社会人としてのスタートダッシュを決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  2. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  3. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  2. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  3. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  4. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  5. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  6. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
ページ上部へ戻る