円満退職するために注意すべき7つのポイント

転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分にとっては良い選択であったとしても、会社側としてはこれまで時間や労力をかけて育てた人材が辞めてしまうことで仕事への支障がでたり、また新たな人材を確保しなければならないということもあり、人材流出はトータル的に考えてマイナスとなってしまうことが多々あります。そのため、退職時にはどうしてもトラブルが出てきてしまいがちです。

しかしそんなトラブルの多い退職も、ポイントに注意しながら退職を進めていくことで、円満退職することも可能となります。出来ればトラブルを回避して、円満退職をしたいと考える人が大半だと思います。そこで今回は円満退職するために注意すべきポイントを7つご紹介いたします。

①退職を報告するのは1〜2ヶ月前がベスト

退職する際には必ず直属の上司に退職する旨を伝えることから始まります。この時、退職する2週間前など、退職間近に上司に報告すると、仕事の引き継ぎの問題などが起こりやすく、会社側とトラブルになってしまう可能性が高いのです。そのため、退職を報告するのは出来れば2ヶ月前、その時期が繁忙期を迎えていて忙しい場合は1ヶ月前までに報告するようにしましょう。

②退職の報告は直属の上司に伝える

退職の意向を伝えるときは、一番に直属の上司に伝えましょう。先に同僚や部下に話してしまう人がいますが、退職時のマナーを厳守するということはもちろん、話しが上司に回ってしまい、後手になる可能性もあります。

また直属の上司をとばして他部署の上司や、そのさらに上の上司に報告する人もいますが、これもNG。会社は組織です。上司によって管轄や決裁領域も異なるため、注意が必要です。

③退職理由は嘘でもOK

その会社を退職する理由が、もしも会社側への不満だった場合でも、わざわざ本当の退職理由を伝える必要はありません。会社側に在職中の不満を伝えることでトラブルにつながってしまいます。

この時、会社側の不満ではなく、他の会社への転職が決まったことを伝える方もいらっしゃいますが、転職先を伝えてしまうと辞めないように裏工作で引き止められる可能性も出てきてしまいます。あくまでも一身上の都合を理由にしておきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  2. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  3. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  4. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  5. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  6. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
ページ上部へ戻る