体調不良で会社を辞めるときの退職理由【文例付き】

体調不良で退職する場合、目に見えて分かる大きな怪我等とは異なりなかなか理解を得にくい場合があります。本人にとっては業務にはとても耐えられない状況であったとしても、「また元気になったら出社すれば良いではないか」と説得される場合も少なくありません。

それだけに、退職理由を簡潔に言えば「体調不良のため」ということであったとしても、できるだけ波風を立てずにスムーズな退職を望む場合にはそれなりの工夫が必要です。ではどのような工夫をすれば良いか、どのような内容で退職理由を伝えれば良いか、今回は体調不良で会社を辞める場合の退職理由を文例と共に具体的に紹介して参ります。

①会社の仕事が激務で体調不良となった場合の退職理由

長期間深夜までの残業が続いた、頻繁に出張を命じらた等々、激務が続いたために体調を崩してしまった場合の退職理由について考えてみましょう。この場合に留意しなければならないことは、「会社非難」にならないようにすることです。

例えば「退職の理由は毎日深夜までの残業が続いたことで、体調を崩したためです。」と書いたとします。それが事実であり、本人としては会社非難のつもりはなくただ事実を伝えているだけであったとしても、この退職理由では会社側は非難されているように受けとめることができます。

もしこうした文章を退職届に書いていれば口頭ではなく書類として残りますから、深刻な問題が生じるとまでは申しませんが、少なくともプラスに働くことはありません。このような場合は、例えば「体調不良が長く続いていたが、克服できないまま体調を崩してしまった」と自身の責任として表現した方が望ましいと言えます。

②自身の持病や怪我が悪化等々の場合

体調不良を招いた原因が①で紹介したような激務が理由ではなく、持病悪化といった自身に基づく原因であった場合にはどうかということですが、この場合もやはり退職理由として文章化することは避けておいた方が良いでしょう。自身のプライバシーに関わることでもあり、皆さんのことを知らない赤の他人が皆さんの持病についての情報を得るということは望ましいことではないからです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  2. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…
  3. 上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    人の悪口や愚痴を言っているとき、ふと振り返ると本人がすぐ後ろに立っていた、などという気まずい思いをし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  2. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  3. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  4. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
  5. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  6. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
ページ上部へ戻る