仕事の辞め方、円満退社するための5つの方法

会社を退職し新たな職場へと転職する場合、気持ちよく転職後のスタートを切ることが出来るよう円満に退職したいものです。そこで、円満退職を実現するために大切なポイントや方法を5つ、退職を検討している皆さんに伝授させて頂きます。


①引継ぎの「準備」も踏まえて計画的に退職すること

退職は、法令上退職の意志を示してから2週間後には出来ます。しかしながら、一方的に退職の意志を伝え2週間後にさっさと辞めてしまっては円満退職とはなりません。退職するということは、皆さんが取り組んでいた仕事を誰かが引き受ける必要が生じます。従って引継ぎに要する期間等も考慮し、出来る限り現在の職場に迷惑をかけないようゆとりを持ったスケジュールを立てた上で退職することが大切です。ではどのくらいの期間を目安に計画をたてた方が良いかということですが、退職日から起算して最低でも1ヶ月、出来れば2ヶ月程度の余裕を持った計画を立てることが望ましいと言えます。

また、業務引継ぎのポイントは「全て正確に伝えること」と「引継いでもらう相手の時間を出来る限り奪わないようにすること」です。慌しい中の引継ぎとなりますので誤解や漏れが生じやすし、引継ぎの説明に手間取るようだと引継ぐ相手の心証も悪くなります。

従って円満退職を実現するためにも、誤解や漏れを生じさせないよう、また簡潔に説明できるよう事前に引継ぎ項目別の手順や注意点を文章化しておき、文書に基づいて引継ぎ説明を行うようにしましょう。つまり、計画を立てる場合にはそうした引継ぎ用の文書を作成する時間も考慮することを忘れないようにすることがポイントと言えます。


②会社や上司、他の社員の批判や陰口は絶対に口にしてはならない

円満退職する上で最もやってはならないことが会社や上司、社員を批判したり、悪口や陰口を言ったりすることです。「この会社とは縁が切れる」となると気が緩み、在職中ぐっと我慢していたことも「この機会に」とつい本音で会社や上司、他社員への不満等を口にしたくなるものです。

しかし、そうした行為に及んでしまえば当然人間関係が悪化し円満退職は実現できません。また、人間関係が悪くなるだけでなく、転職先が皆さんの在職中の評判等を確認する場合もありますから、そうなったら後の祭りです。従って「この機会に」と本音で不満を相手にぶちまけるといった行為は絶対にやってはなりません。

では、同僚等に「内緒」という約束の下で陰口を言う場合はどうかと言えば、円満退職を目指すならそれも「絶対に避けるべき」です。なぜなら同僚にとって皆さんは「会社からいなくなる存在」です。皆さんがいなくなった後なら同僚だって気が緩むものです。その結果、同僚の口から「アイツそんなことを言っていたのか」と伝わってしまえば、余計に人間関係を拗らせてしまうことになりかねません。つまり円満退職を目指すなら、陰口も含めて人の非難は一切行ってはならないということです。


③退職理由は「前向きな理由」のみを伝える

円満退職を目指す上で、退職理由の内容も慎重に検討しておく必要があります。嘘をつく必要はありませんが、例えば職場に対する、或いは上司や同僚等に対する不満が退職動機であったとしてもそうした理由なら前出の②の通り伝えない方が賢明です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  3. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  2. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  3. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  4. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  5. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
  6. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
ページ上部へ戻る