履歴書の資格欄は空欄・空白でも大丈夫か

履歴書に書ける資格がないという場合に困るのが、履歴書の資格欄です。書類選考突破の鍵となるのが履歴書ですから、履歴書の重要性は改めて申し上げるまでもありません。その履歴書に空欄または空白の箇所があっても果たして大丈夫なのでしょうか。今回は履歴書資格欄の空欄・空白(以下空欄)についてその是非を解説致します。

前提として「空欄」はNG

まず前提として理解しておくべきことですが、資格欄に限らずどのような項目であれ「空欄」のままにしておくというのはNGです。その理由は二点です。

一点は書類を受け取った側は、空欄があった場合にその欄に書き込むべき情報がないから空欄にしているのか、それとも書き忘れで空欄にしているのか判別がつかないということです。

そのため、書き忘れていると誤解されたら「だらしない応募者」との評価が下される可能性が高まるからです。

二点目は「やる気」を疑われるということです。

履歴書は書類選考において自分をアピールできる重要な書類です。それに空欄があっても平気だということは、それほど熱心に入社したいとは考えていないと評価される可能性があるからです。

従って、万一資格欄に書ける資格がない場合にはせめて「特になし」と書き込み、空欄にしないよう努めることが大切です。

無関係と思える資格でも書き込んでおくべき

就職や転職を考えているのに何一つ資格を取得していないというのは、かなり厳しい評価となると考えておくべきす。有利にならない、評価してもらえない資格であっても資格欄を空欄にするよりはマシです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…
  2. えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    会社で同じ業務を担当していたり、社内のポジションが自分と変わらないのに、なぜか上司からえこひいきされ…
  3. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  2. 忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング
    相手が忙しい時に話しかけてしまい、見るからに嫌そうな顔をした。一体どのタイミングで声をかければ良いの…
  3. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  4. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  5. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  6. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
ページ上部へ戻る