履歴書・職務経歴書に昇進・昇格を書くときのポイント3つ

転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し上げるまでもありません。

履歴書や職務経歴書は履歴や経歴を説明する資料であるのと同時に、自分を紙面でアピールできる強力なツールにもなり得るものです。そのような意味で、昇進や昇格の事実はできる限り有効なアピールの材料となりますので、できるだけ効果的に表現したいものです。

そこで今回は、アピールポイントの一つである昇進・昇格を履歴書や職務経歴書に書く場合のポイントを皆さんにお伝えすることに致します。

①わかりやすさを基本とする

昇進や昇格を履歴書や職務経歴書で表現する場合に留意しなければならないことの一つが、「わかりやすさ」です。例えば

  • ゼネラルマネージャー
  • セカンドアシスタントマネージャー

といった横文字の役職への昇進をアピールしても、読む側はそれら役職の意味をスムーズには理解できません。

善し悪しはともかく誰もが理解できる肩書き名称といえば、お笑いタレントではありませんが「係長」「課長」「次長」「取締役」等です。そうした誰もが良く知る肩書き名称ならそのまま使用しても構いませんが、会社独自のユニークな肩書きや横文字の肩書きでは「わかりにくい」ため、書類評価上の加点につながらない可能性すらあります。

ではそのような場合どうすれば良いかということですが、例えば「セカンドアシスタントマネージャー」を「第二店長補佐」にする等、横文字の役職名を日本語におきかえることが可能なら日本語で表現するのが一つの方法です。

もしくは、その横文字の肩書きが一般的な役職名と比較した場合に、例えば「課長」に相当する役割だということなら、カッコ書きで「課長職に準ずる役職」と補足を加えるという方法もあります。

②履歴書ではそのまま表現し、職務経歴書で「説明」を加える

では日本語になおしたり、他の一般的な役職名におきかえたりできない場合はどうすれば良いか。この場合、事実を歪める訳にはいきませんので、履歴書ではとりあえずその役職名で時系列で昇進を簡潔に表現するのみとして、職務経歴書でその役職名に対する補足説明を行うのがスマートです。

例えば2010年にA社に入社し、2016年にゼネラルマネージャーに昇進したといった場合には

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…
  2. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…
  3. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  2. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  3. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  4. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  5. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  6. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
ページ上部へ戻る