就職活動の証明写真で好印象を与える髪型のポイント

書類選考を突破する上でとても重要になってくるのが履歴書ですが、書き方や書く内容について注意を払う方は多いものの、書類に貼り付ける証明写真の気配りまでは忘れられがちです。まだ皆さんに会っていない採用担当者の方々にとって、履歴書に貼られた証明写真は皆さんそのものを表しているものとして受けとめられます。従って証明写真にも最大限の気を配り、ベストを尽くしておきたいものです。

その証明写真において特に皆さんの印象を左右することになるのが髪型と言えます。それでは証明写真撮影時の髪型はどうすることが一番良いのか、企業側に好印象を与えるための髪型のポイントについてご紹介することにしましょう。


①寝ぐせは当然ダメ。跳ねた髪型もさけるべき

好印象を与える証明写真の髪型で最も求められるのが「清潔感」と言って良いでしょう。清潔感を印象付けるための第一のポイントと言えば「整っている」ことです。従って、寝ぐせがついたままの髪型で証明写真を撮影するなど論外ですが、寝ぐせではなくともハードスプレー等でわざと跳ねさせた髪型にしている場合も問題です。跳ねさせている部分は解消し、櫛どおりが良さそうなまとまり感のある髪型にすることが清潔感を醸し出す上で望ましいと言えます。


②前髪が目にかかる髪型はマイナスポイント

前髪部分は特に注意が必要です。前髪が目にかかっている顔写真は、本人が気にならなかったとしても見ている側には重たい印象に感じられるものです。従って、男性・女性ともに前髪が長い場合は分け、目だけでなく出来るだけ眉毛にも前髪がかからないように留意しましょう。


③耳も出したほうがベター

長髪のため耳がすっぽり隠れてしまう方がいますが、証明写真において耳が隠れてしまっている写真も感心できません。耳を出すほうが清潔感が高まりますし、黒色の髪に対して肌色の耳が出ることでその分写真全体の印象を明るくすることも出来ます。従って、長髪で耳が隠れてしまっている方は、髪の毛を後ろで束ねて耳を出すようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    人の悪口や愚痴を言っているとき、ふと振り返ると本人がすぐ後ろに立っていた、などという気まずい思いをし…
  2. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…
  3. 社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    社内電話の正しい取り方【基本マナー・敬称の使い方】

    電話応対に関するマナーを知っておくことは、社会人としての基本中の基本といっても過言ではないでしょう。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  2. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  3. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  4. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  5. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  6. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
ページ上部へ戻る