履歴書の「本人希望欄」の書き方のポイント

書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもないでしょう。その大切な履歴書作成において、特に多くの方が頭を痛める部分が「本人希望欄」です。

「空白ではまずいような気がするし、かといってあれこれ希望を書き込んだら心証を悪くするような気もするし・・」と、本人希望欄の書き方はどうすれば良いか本当に悩ましい限りです。そこで悩める皆さんへ履歴書の「本人希望欄」の留意点や書き方のポイント等をズバリ解説致します。


本人希望欄の意味とは

本人希望欄の書き方を理解するには、本人希望欄の意味について正しく理解しておく必要があります。実は「本人希望」という言葉から誤解されている方が多いのですが、本人希望欄とは特殊な事情がある場合を除き、原則として「こちらからの個人的な希望」を書く欄ではないのです。ではどのようなことを書く欄かと言うと、企業側が応募者に尋ねている希望事項に対しての回答を書くことを基本としている欄なのです。

例えば、企業側の求人広告において「勤務地は東京、大阪、福岡の3箇所の中から希望に応じて選択可能」といったことが書かれていたり、「午前10時から午後8時までの間で電話連絡可能な時間帯をお知らせ下さい」などと書かれていたりした場合に、例えば「希望勤務地:東京」だとか、「電話連絡は午後5時以降を希望します」といったことを伝える場合に本人希望欄を利用するということです。

従って、「給料は高い方が良い」だとか「残業はあまりしたくない」といった個人的欲求に基づいた要望をあれこれ書き込む欄ではないのです。このことをまず前提としてしっかりと理解してください。


特に企業側から希望を尋ねられていない場合の書き方

それでは、企業側から特に希望を尋ねるような条件が示されていない場合に本人希望欄はどう書けば良いかということですが、この場合は「貴社規定に準じます」もしくは「貴社の規定に従います」と書くことが基本です。求人に関する条件は求人広告等で事前に明示されていますので、その条件に従える人が採用する上での企業側の前提条件です。つまり企業側としては、応募者はその条件をちゃんと確認し、その条件に従ってくれるかどうか書面で確認したいと考えますので、それに応える欄でもあるのが本人希望欄であるとも言えます。

そのような意味で、企業側が提示した条件を超えるような個人的希望をあれこれ書き込むことは、その内容如何に関わらず「わがままな人物」または「過剰な要求をする人物」といった評価になりかねませんので、繰り返しとなりますが希望を書ける欄があるからといって個人的な要望をあれこれ書いてはなりません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  3. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
  2. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  3. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  4. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  5. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  6. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
ページ上部へ戻る