履歴書の資格欄に書かない方が良い資格とは

就職活動を成功に導くためには、「資格欄」に限らず、履歴書の記入できる項目は空欄とせず、全て埋めることが鉄則です。とは言え、本来プラス評価を狙うはずが、この資格を書いたがために逆にマイナス評価になってしまう、ということも有り得ることです。評価を下げてしまう資格があるならむしろ空欄の方が良いでしょう。果たして履歴書の資格欄に書かない方が良い資格はあるのでしょうか。もしあるとすればどのような資格なのでしょうか。今回は履歴書に書かない方が良い資格の有無についてご紹介します。

基本的に書かない方が良い資格はない

まず、履歴書の資格欄に書かない方が良い資格があるのかどうかについてお答えしましょう。結論から言って、社会人を対象として、そのスキルや技能を公正に評価する資格なら、履歴書に書かない方が良い資格などありません。

例えば、それが趣味の領域の資格であったとしても、資格欄に書いてあれば仕事上の評価とはならないにせよ、関心を示してくれたり、もし面接官が同じ資格を保有していればそれで話が弾む場合すらあります。

資格に対しては、どうしても就職に有利になるかどうかといった近視眼的な見方をしてしまいがちですが、資格は人物を理解するための貴重な情報の一つにもなるのです。そのため、後述する資格を除けば履歴書に書かなくて良い資格などないのです。

強いて言えば子供のみを対象とした資格や公序良俗に反するような資格

およそ一般的な「資格」に該当するものであれば、履歴書に書かない方が良い資格などありませんが、次のような資格とは本来言えない「資格と呼ばれているもの」に限っては履歴書に書くべきではありません。

・暴力や性的趣味に関わる公序良俗に反するような資格
・乳幼児や子供のみを対象とした資格
・その他何ら努力不要で誰もが即座に有資格者を名乗れる、形だけの資格

このような資格が存在するかどうかは不明ですが、上記のようなものは社会人として相応しくない資格と言うより、資格と呼ばれていたとしても履歴書上の「資格」には該当しないと言えます。

つまり書かない方が良いではなく、資格とは呼べないものは資格欄に書くべきではないということです。

たくさん資格取得している場合は記載する優先順位がある

基本的に取得している資格を全て履歴書に記載するという前提にすれば、履歴書に書ける資格はかなり増えるはずですが、当然のことながら資格欄には限りがあります。そのため「書くべき資格の優先順位」というものはあります。ではその優先順位ですが、およそ次のようになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  3. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  3. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  4. 2014年に発売されベストセラーにもなった「京セラフィロソフィー」こちらの本は京セラの会長でもあり、…
  5. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  6. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
ページ上部へ戻る