尊敬できる上司の6つの特徴

あなたは部下が尊敬できる上司になれていますか?人から尊敬されることは簡単ではありませんが、どのように振る舞えば部下や後輩が尊敬してくれるのかを理解すれば、ただそれを実践するだけで自然と部下から信頼を集められるようになります。また人から尊敬されるためにはまずは自分を知ることが大切。今回は尊敬できる上司の特徴と、あなたのタイプを理解する性格診断もご紹介していきます。

尊敬できる上司の6つの特徴

尊敬できる上司の特徴

1.決断力がある上司

いくつかの選択肢の中から最良の決断をしようとする余り、「決められない」「迷ってしまう」人は少なくないでしょう。仕事ではあらゆる場面で決断することが求められますが、会社の方向性を左右するような重要な事項について決断を下すのは上司です。その時々に応じて適切な決断を下すことが出来る上司は頼もしい存在になり得ます。

2.飴と鞭を使い分けることができる上司

厳しい上司と優しい上司、あなたの上司を選べるとしたらどちらを選択するでしょうか。多くの人は優しい上司の方が良いと思うのではないでしょうか。しかし厳しさは時に愛情の裏返しとも言います。部下を信頼しているからこそ厳しくする、成長してほしいから叱るのです。また、厳しい上司の下で仕事をした人は、その経験があって良かったと思っていることも少なくありません。普段厳しい上司に褒められることは、いつも優しい上司に褒められるよりグッとくるのではないでしょうか。

3.差別したりひいきしたりしない上司

学校の先生であったり職場の上司であったり、えこひいきをするのは立場が上の人です。職場で上司が誰かをひいきした場合、ひいきされないものは悪い意味で比較される対象となり強いストレスを感じます。職場にいる限り不可欠な上司とのコミュニケーション、差別したりひいきしたりしない、公平に評価してくれる上司が尊敬の対象となるのは当然のことでしょう。

4.包容力がある上司

面倒見が良くさまざまな相談にのってくれる、何事に対しても寛大に対処してくれる。このような包容力のある上司は、単に仕事だけではなくあらゆる面で人を見ることのできる人です。部下の側から見ても信頼できる上司です。

5.責任転嫁しない上司

自分のミスを部下のせいにする上司は意外に多いもの。立場が上である手前、自身のミスを認めたくないのかもしれません。しかし、自分のミスを認めて「ごめんな」と言ってくれる上司はその潔さが尊敬にも値します。

6.教え方が上手な上司

上司は指導・育成をする立場の人間です。仕事の取り組み方はもちろんのこと、マナーや考え方など、人生の道標をしてくれる存在でもあります。しかし、同じことを教えるにしても実にわかりやすい場合と非常にわかりにくい場合があります。身近なものに置き換えたり平易な言葉を使ったり、話が分かりやすく教え方の上手な上司は部下の信頼を集めます。

尊敬できる上司の特徴、これは職場のみならず日常生活にも当てはまります。人と人とのコミュニケーションを円滑にするためにも、あなた自身が尊敬される対象になることを目指してみましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…
  2. 上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    「ランチにいかないか」 上司からランチを誘われたけど、たまにはひとりで食事したい気分の日もあれば、…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  2. プライドが高い人の9つの特徴
    あなたの周辺にプライドの高い人はいるでしょうか。プライドの高い人に対して、周囲の人は、そんなに意固地…
  3. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  4. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  5. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  6. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
ページ上部へ戻る